ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同じ有効成分を含有し、品質、効果、安全性が同等である医薬品です。厳格な試験を経て厚生労働大臣の承認を得ており、国の基準と法律に基づいて製造・販売されています。また、一部の製品では、服用しやすさを向上させるために、大きさや味、香りなどが改善されています。ジェネリック医薬品は、開発費が先発医薬品よりも少ないため、一般に低価格で提供されています。

こちらも参考に:ADHD(注意欠如・多動症)の薬 | アトモキセチン(ストラテラ)について

こちらも参考に:就労移行支援とは

 

ジェネリック医薬品のよくある質問

Q
なぜ薬局はジェネリックを勧めてくるのか?
A

ジェネリック医薬品は、先発医薬品の特許が切れた後に、同じ有効成分、同じ効能・効果、同じ用法・用量で製造・販売される医薬品です。

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と比べて、以下のメリットがあります。

  • 価格が安い
  • 供給が安定している
  • 安全性や有効性が同等である

 

価格が安い

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と比べて、約2~5割程度安くなっています。そのため、患者さんの経済的負担の軽減につながります。また、医療費の削減にも貢献しています。

供給が安定している

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同じように、品質基準をクリアした上で製造されています。そのため、先発医薬品の供給が途絶えた場合でも、ジェネリック医薬品が代替として使用できるため、医療の継続性を確保することにもつながります。

安全性や有効性が同等である

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同じ有効成分を含んでいるため、安全性や有効性は同等であると認められています。

飲みやすさの工夫

ジェネリック医薬品には、有効成分は同じままで、形を小さくしたり、表面の苦みをコーティングしたり等、味や形状を飲みやすく改良・工夫しているものもあります。

 

こちらも参考に:【2023年最新】サービス管理責任者(サビ管)とは?資格の取り方、仕事内容・働く場所・給与を解説

参考:高福祉国家とは?

Q
ジェネリック医薬品と普通の薬の違いは何ですか?
A

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは

ジェネリック医薬品は、先発医薬品の特許が切れた後に、同じ有効成分、同じ効能・効果、同じ用法・用量で製造・販売される医薬品です。

特徴

  • 先発医薬品と同一の有効成分を含む
  • 先発医薬品と同等の臨床効果・作用が得られる
  • 研究開発費が低いため、先発医薬品に比べて価格が安い

 

メリット

  • 患者さんの経済的負担を軽減する
  • 医療費の削減に貢献する
  • 先発医薬品の供給が途絶えた場合でも、代替として使用できる

 

参考:肝薬物代謝酵素とは?

参考:精神医療審査会とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました