作業療法士

作業療法士(Occupational Therapist)は、作業療法(Occupational Therapy)の専門家であり、主に身体的・精神的な障害や疾患を抱える人々に対して、日常生活や職業活動への参加を向上させるための治療や支援を行う専門家です。

作業療法士は、患者やクライアントの日常生活や職業活動における適応能力を向上させ、自立した生活ができるようにすることを目指します。彼らは患者の個々のニーズに合わせて評価を行い、適切な作業療法プランを策定します。治療の対象は、幅広い年齢層や障害の種類にわたります。

具体的な活動としては、日常生活スキルの向上、手指の動作の改善、筋力や運動能力の回復、認知機能の向上、職業療法などがあります。作業療法士は、リハビリテーションセンターや病院、学校、老人ホーム、精神保健施設など、さまざまな医療・福祉施設で働くことがあります。

 

こちらも参考に:【2023年最新】精神保健福祉士(MHSW : 旧PWS)とは?

こちらも参考に:障害福祉サービス受給者証について【障害福祉サービス】種類、申請から利用までの流れ

 

作業療法士のよくある質問

Q
作業療法士と理学療法士の違いは何ですか?
A

理学療法士は基本的な動作能力の回復から、「座る」「立つ」などの日常生活や社会復帰を支えるスペシャリストです。一方、作業療法士は「食事」「入浴」「仕事・学習」などの日常生活や社会復帰をサポートするスペシャリストです。それぞれの職種の仕事内容や職場、扱う領域の違いを考慮して、自身に合った方を選ぶことが重要です。

こちらも参考に:毒親とは?種類と特徴。 毒親に育てられた人はどうなる?

参考:希死念慮とは?

Q
作業療法士に向いている人は?
A

作業療法士に向いている人は人間関係が得意で、思いやりと好奇心を持つことが求められます。相手の立場や感情に共感し、患者さんの思考を観察して、柔軟にリハビリの方法を調整することも大切です。今からでも、自覚を持って行動することで、作業療法士に向いた適性を育んでいくことができます。

参考:認知行動療法とは?

参考:ソーシャルスキルトレーニング(SST)

コメント

タイトルとURLをコピーしました