昏迷

無反応状態で外部からの強い物理的刺激によってのみ覚醒が引き起こされる状態を指します。一方、昏睡とは、外部からの刺激に反応せず、覚醒ができない状態であり、通常は目が閉じたままです。昏迷や昏睡の原因は、通常、脳の大きな領域や意識を維持する領域に影響を及ぼす疾患、薬物、または外傷などがあります。

こちらも参考に:双極性障害(躁うつ病)の方への接し方で大切な事と悩んだ際の対処法

こちらも参考に:反復性うつ病性障害/反復性短期抑うつ障害の診断基準症状・治療について

昏迷のよくある質問

Q
統合失調症 昏迷 なぜ?
A

統合失調症やうつ病では、精神状態の悪化によって、思考の混乱が極度になり、行動や会話が困難になることがあります。統合失調症では、精神病状態の進行により、思考が混乱し、行動や会話が困難になることがあります。一方、うつ病では、意欲や活動性が低下し、意思発動性が欠如する状態、通称「精神運動制止」と呼ばれる状態が悪化することが知られています。これらの状態が生じるのは、生活上のつらい理由があるためではなく、精神状態の変化によるものです。

こちらも参考に:【ポイントや注意点は?】障害年金の受給要件と請求条件・年金額

参考:神経過敏とは?

Q
昏迷の特徴は?
A

昏迷は、話しかけや身体的な刺激に反応しなくなる状態を指します。この状態では、患者は外部刺激に対して反応しなくなりますが、意識障害ではないため、一定程度の無反応中に外部の状況を認識することがあります。興奮と昏迷が交互に繰り返されることが、この状態の特徴とされます。

参考:認知機能とは?

参考:情緒障害とは?

タイトルとURLをコピーしました