前駆症状

ある病気に特徴的な症状が出現する前に、その病気の存在を予示する症状を指します。これを「前兆」と表現することもありますが、厳密には前兆は既にその病態の初期症状が現れている段階を指します。プレモニションは、疾患の本格的な症状が出現する前に、しばしば不確かであるが、身体や心の状態で感じ取ることができる予兆や変化を指します。これは、疾患の早期発見や治療の重要性を強調する点で重要です。

こちらも参考に:特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)の詳細と申請方法

こちらも参考に:ミルタザピン(リフレックス・レメロン)の効果と副作用

 

前駆症状のよくある質問

Q
前兆と前駆症状の違いは何ですか?
A

前兆(aura)は、発作の一部であり、発作の前触れではありません。発作の真の前触れは前駆症状(prodrome)と呼ばれます。どちらも発作の到来を示すものですが、突然別の大きな発作に進展する場合もあります。

こちらも参考に:大人の「自閉スペクトラム症(ASD)」とは?特徴やセルフチェックなど

参考:ネグレクトとは?

Q
気絶する前兆は?
A

失神には、前兆症状がある場合とない場合があります。前兆症状には、「頭がくらくらするようなめまい感」「ふらつき感」「目の前が暗くなる」、「吐き気」「冷や汗」「動悸」「胸痛」「腹痛」などが含まれます。これらの症状や失神前後の状況は、失神診断において重要な情報となりますので、医師に伝えられるようにまとめておくとよいでしょう。

参考:うつ病の残遺症状とは?

参考:厚生労働省とは?

タイトルとURLをコピーしました