構造化面接

構造化面接は、特定のテーマやスキルに焦点を当て、予め計画的に構築された質問セットを使用して行われる面接の形式です。この面接形式は、候補者の特定の経験や能力を客観的に評価しやすくするために、事前に検討された構造やガイドラインに基づいています。

構造化面接では、同じ質問が同じ順序で候補者に対して行われ、それに対する回答が標準的な評価基準に基づいて評価されます。これにより、主観的な評価やバイアスを最小限に抑え、公平かつ客観的な評価が可能となります。

この手法は、特に雇用面接や研究のインタビューなどで使用され、候補者のスキルや適性をより客観的かつ一貫して評価するのに役立ちます。

こちらも参考に:ロールシャッハテスト| 目的や歴史、診断手順、受検方法

こちらも参考に:WAIS-IV大人の知能検査とは?検査の内容や検査を受けられる場所について

 

構造化面接のよくある質問

Q
構造化されてない面接とは?
A

非構造化面接は、事前に用意された質問項目がなく、面接官が柔軟に質問を行い、候補者を評価する手法です。これは構造化面接とは異なり、面接官が面接の進行や候補者の回答に基づいて、即座に質問を決定する自由度があります。

こちらも参考に:社会不適合者とは?特徴・生き方・向いている仕事について

参考:自動思考とは?

Q
構造化面接の長所は?
A

構造化面接は、事前に評価項目や評価基準を明確に設定しているため、面接官による評価のばらつきが軽減されます。統一された基準に基づいて評価できるため、面接官の経験やスキルに左右されにくくなります。多くの面接官が関与する場合でも、一貫性のある評価が行えます。また、評価内容の管理や分析も容易になります。

参考:IQとは?

参考:現実検討能力とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました