失感情症

失感情症(Flat Affect)は、感情の表現が極端に乏しい状態を指します。これは通常、顔の表情や声の抑揚、身体のジェスチャーなどが著しく制約され、他者との感情的な交流が限定されている状態を指します。失感情症は精神疾患の一環として現れることがあり、統合失調症やうつ病、あるいは一部の神経症などと関連付けられることがあります。これにより、感情の豊かな表現が難しくなり、情緒的な反応が鈍くなることが観察されます。

こちらも参考に:発達障害で障害年金はもらえる?条件や申請方法。押さえておくべきポイント

こちらも参考に:オランザピン(ジプレキサ)の効果と副作用

 

失感情症のよくある質問

Q
失感情症 どんな感じ?
A

失感情症の概念は研究者の間で検討され、以下の特徴がまとめられています。自分の感情がどのようなものであるかを言葉で表現したり、情動が喚起されたことによってもたらされる感情と身体の感覚とを区別したりすることが困難です。また、感情を他人に言葉で示すことも難しい傾向があります。

こちらも参考に:大人の「自閉スペクトラム症(ASD)」とは?特徴やセルフチェックなど

参考:トランス状態とは?

Q
失感情症 なぜ?
A

考えられる理由としては、言語発達の遅れによるコミュニケーション障害が挙げられます。これにより、自分の感情を上手く伝えることが難しい状況が生じる可能性があります。その他にも、緊張しやすい傾向や感覚過敏によるストレス感受性、身体の不調を自覚できない感覚鈍麻、感情を客観的に考えられない想像力障害、強迫性障害などが関連していることがあります。

参考:障害等級とは?

参考:臨床心理士とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました