躁病エピソード

躁病エピソードは、極端な高揚感や誇大な気分、またはイライラや怒りっぽい気分が少なくとも1週間以上継続するか、または短期間であっても入院が必要なほどの症状が現れる場合に定義されます。さらに、その異常な期間には以下のような特徴が見られます。軽躁エピソードは、躁病エピソードよりも症状が軽度であることを指します。

こちらも参考に:精神障害者手帳3級取得のメリット | 割引や控除割引や支援を紹介

こちらも参考に:ニューロダイバーシティとは「標準」を変えていく実践的活動

躁病エピソードのよくある質問

Q
双極性障害の混合エピソードとは?
A

混合性エピソードは、うつ状態と躁状態または軽躁状態が同時に発生する状態を指し、高揚している最中に涙ぐんだり、うつ状態の最中にとりとめのない考えが次々と湧き上がったりする特徴があります。就寝時はうつ状態にあったのに、早朝には意気揚々と元気に目覚めることがしばしば見られます。混合性エピソードの期間中は、自殺のリスクが特に高まることがあります。

こちらも参考に:精神科訪問看護のサポート内容。需要や具体的な事例をご紹介!

こちらも参考に:過剰適応とは? 原因、対策、治し方、うつなどの症状、職場「がんばれば、何とかできる」に要注意!

Q
躁状態の時の過ごし方は?
A

躁状態は脳が過度に活動している状態であり、外部の刺激に非常に敏感になり、これが刺激、興奮、悪化の悪循環を引き起こしやすくなります。そのため、動きたくても敢えて休息を取ることは、この悪循環を断ち切るために重要です。同様に、うつ状態の際も考え込むことが症状を悪化させる可能性があるため、まずは頭をしっかり休ませるために休養が必要です。

こちらも参考に:ミルタザピン(リフレックス・レメロン)の効果と副作用

こちらも参考に:反復性うつ病性障害/反復性短期抑うつ障害の診断基準症状・治療について

コメント

タイトルとURLをコピーしました