物質依存

精神に依存する物質、例えばアルコールや薬物によって引き起こされる依存症状を指します。使用量や回数が徐々に増加し、使用を続けなければ不快感や不安が生じるようになり、自己コントロールが困難になる傾向があります(一部の物質依存では使用量が増えない場合もあります)。

こちらも参考に:注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療薬の種類・効果効能・副作用の解説

こちらも参考に:反復性うつ病性障害/反復性短期抑うつ障害の診断基準症状・治療について

 

物質依存のよくある質問

Q
物質依存の例は?
A

アルコールや違法薬物(覚せい剤、有機溶剤、危険ドラッグ、大麻など)、処方薬(睡眠薬、抗不安薬、咳止めなど)などの「物質への依存」と、ギャンブルなどの行為、またはインターネット、買い物、万引きなどのプロセスに没頭してしまう「プロセスへの依存」などが存在します。

こちらも参考に:リワークプログラム・リワーク支援(心療内科・精神科)とは | メンタルヘルス不調により休職している方の職場復帰

参考:ドパミンD2受容体パーシャルアゴニスト作用とは?

Q
一番依存性の高い薬物は?
A

また、薬物によって、依存を引き起こす強さは異なります。 例えば、ヘロインは最も依存性が強く、モルヒネはこれに続きます。 一方で大麻は使う人によって差はあるものの、他のものに比べると依存性は弱めです。

参考:家族療法とは?

参考:発達障害者支援センターとは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました