嗜癖行動

嗜癖行動は、特定の物質や活動に対する強い執着や欲求が生じ、それに対する継続的な行動が見られる状態を指します。これはしばしば、依存症の一形態として説明されます。依存症は、物質に対する依存だけでなく、特定の行動や活動に対する依存も含みます。嗜癖行動には、アルコールや薬物への依存だけでなく、ギャンブル、買い物、食事、ソーシャルメディアの使用などが含まれることがあります。依存が生じると、通常の生活や健康に悪影響を及ぼすことがあります。

こちらも参考に:リワークプログラム・リワーク支援(心療内科・精神科)とは | メンタルヘルス不調により休職している方の職場復帰

こちらも参考に:強度行動障害とは?原因や症状、対応や支援について

 

 

 

嗜癖行動のよくある質問

Q
嗜癖行動の原因は?
A

嗜癖行動は、条件づけ理論に基づいており、報酬によって強化・学習された習慣を指します。一度楽しかった・心地よかった経験が特定の行動を引き起こし、その行動を繰り返すことになるというのがその特徴です。

こちらも参考に:カサンドラ症候群の理解と対処法 | 原因やなりやすい人の特徴

参考:セルフヘルプグループとは?

Q
嗜癖の具体例は?
A

物質嗜癖には、アルコール依存症、薬物依存症、摂食障害などがあり、一方で行為嗜癖には、ギャンブル依存、買い物(ショッピング)依存、インターネット依存、パソコン依存、仕事依存(ワーカホリック)などがあります。また、いけないとわかっていてもやめられないストーカー行為や覗き癖、盗撮行為などもこれに含まれます。

参考:相談支援事業所とは?

参考:療養介護とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました