栄養失調

栄養失調とは、身体に必要なエネルギーやタンパク質、ビタミンなどが不足した状態を指します。具体的には、食事を摂っているものの、エネルギー源である主食(ごはんやパンなど)が多く、肉や魚などのタンパク質や野菜が不足しており、ビタミンが不足している状態です。  

参考:てんかんとは?

参考:病相期とは?

栄養失調のよくある質問

Q
栄養失調の症状は?
A

栄養失調が引き起こす体の変化はさまざまです。

・体重が減少する
・下半身や腹部のむくみが起こりやすい
・骨格筋の筋肉量や筋力が低下する
・元気がなくなる
・冷えやだるさ、片頭痛、気分の落ち込みが生じる
・便秘や肌荒れが起こる
・風邪などの感染症にかかりやすく、治るまでに時間がかかる
・傷や褥瘡(じょくそう)があると治るまでに時間がかかる
・これらの体の変化が栄養失調の症状として現れることがあります。

こちらも参考に:パーソナリティ障害(人格障害)の特徴、種類、診断、治療について

参考:ソーシャルスキルトレーニング(SST)とは?

Q
栄養失調はどの年代に多いですか?
A

40代になると、食事を単品で済ませ、野菜不足になることからカロリーは摂取できている、むしろ多くなりがちにもかかわらず、タンパク質やビタミン、ミネラルが不足してしまっている状態が多く見られます。この状態を新型栄養失調と呼び、40代以上の日本人によく見られると言われています。

こちらも参考に:統合失調症とは原因、症状、治療方法を解説
こちらも参考に:精神障害者雇用にまつわる誤解 | 就業上の配慮と雇用時のポイント

こちらも参考に:統合失調症とは原因、症状、治療方法を解説
こちらも参考に:精神障害者雇用にまつわる誤解 | 就業上の配慮と雇用時のポイント

タイトルとURLをコピーしました