うつ病の残遺症状

残遺症状とは、うつ病の症状が主に回復したが、後遺症のようにいくつかの症状が残っている状態を指します。例えば、不眠や過眠の傾向、意欲の低下、集中力の持続困難、疲労感などが挙げられます。これらの残遺症状を放置すると、再発のリスクが高まる可能性があります。

こちらも参考に:障害年金申請は「診断書」が9割!押さえるべき3つの注意点と流れ

こちらも参考に:就労継続支援A型とは?仕事内容と平均給料 | 利用までの流れ、B型との違いなど解説

 

 

うつ病の残遺症状のよくある質問

Q
うつ病の再燃の兆候は?
A

うつ病の再発の身体面でのサインには以下のようなものがあります

  • 食欲が急に増えること
  • ダイエットしていないのに体重が減少すること
  • 眠れないことが増えること
  • 途中で目が覚めることが増えること
  • 寝ても疲労感が抜けなくなること
  • すぐに疲れるようになること
  • 身体的な疾患がないのに頭痛やめまい、吐き気などの症状が続くこと

こちらも参考に:年金証書の再発行・再交付。必要な書類と手続き

参考:心身症とは?

Q
うつ病の完治率は?
A

一般的に、うつ病の患者の約75%は3ヶ月以内に回復するとされています。また、再発率は1年で30%、5年以内で40~60%と推定されており、約半数の患者は再発せずに経過するという報告があります。

参考:摂食障害とは?

参考:うつ病とは?

タイトルとURLをコピーしました