精神疾患

このカテゴリーでは感情、思考、行動、社会的機能など、後天的に発生する精神疾患を取り扱います。ここで扱う病気は以下になります。

・双極性障害
・うつ
・統合失調症
・愛着障害
・人格障害
など

精神疾患は、個人やその状況によって異なる特徴を持ち、診断と治療は専門家の監督のもとで行われるべきです。精神疾患の正確な診断と適切な治療は、個人の生活の質を向上させ、健康と幸福に向けた一歩となります。

うつ

うつ病で現れる初期症状・行動・対策や仕事復帰を目指すときのポイント

うつ病とは仕事で疲れがたまり、やる気が出ない。ついにはどうしても行く気になれなくて初めて仕事を仮病で休んでしまった・・・うつ病は単なる一時的な憂鬱や気分の沈み込みではありません。それは、個人やその周りの人々に深刻な影響を及ぼすことがあり、適...