精神疾患

このカテゴリーでは感情、思考、行動、社会的機能など、後天的に発生する精神疾患を取り扱います。ここで扱う病気は以下になります。

・双極性障害
・うつ
・統合失調症
・愛着障害
・人格障害
など

精神疾患は、個人やその状況によって異なる特徴を持ち、診断と治療は専門家の監督のもとで行われるべきです。精神疾患の正確な診断と適切な治療は、個人の生活の質を向上させ、健康と幸福に向けた一歩となります。

精神疾患

非自殺的な自傷行為について

非自殺的な自傷行為と自殺行動は、どちらも深刻な問題ですが、本質的な違いがあります。混同しがちな両者の違いを理解することは、適切な支援を提供するために重要です。 発達障害や精神障害を持つ方の中には自傷行為を行ったことがある方も多いのではない...
精神疾患

不登校のタイプと対処法

不登校の原因や背景は、お子さんひとりひとりによって異なりますが、それぞれ違って見える不登校の状態像には、多くの共通点も存在します。 「不登校」という言葉は今や広く浸透していますが、具体的にはどのような状態を指すのでしょうか。 子...
精神疾患

統合失調症とは原因、症状、治療方法を解説

統合失調症とは?〜幻覚・妄想だけでなく多彩な症状をあらわす病気〜統合失調症は、こころや考えがまとまりづらくなってしまう病気で、気分や行動、人間関係などにも影響が及びます。この疾患には、健康なときにはなかった状態が表れる陽性症状と、健康なとき...
精神疾患

愛着障害(アタッチメント障害)大人の特徴|原因や治し方について

愛着障害は、養育者との愛着が何らかの理由で形成されず、子供の情緒や対人関係に問題が生じる状態のことです。主に養育者と子どもの関係において語られる場面が多いのですが、大人になっても苦しみ続ける人が少なくありません。この障害の原因は、虐待や養育...
精神疾患

離人感・現実感消失症について

精神科や心療内科で扱われる症状の中には、名前からは症状の実態がイメージしにくいものもあり、「離人感・離人症」はそのひとつです。離人感で経験される感覚自体は一般的にはそこまで異常なものではないため、症状の実際の例を聞けば「自分もそんなふうに感...
精神疾患

メンタルケアの新手法、オープンダイアローグとは?役割や7つの原則

オープンダイアローグとは最近では、1980年代にフィンランドで開発され、発展したオープンダイアローグが注目を浴びています。現代において、精神疾患の治療には多岐にわたる手法が存在しますが、その中で患者に薬物治療を行わずに「対話」だけで回復させ...
精神疾患

心理カウンセリングとは?内容や種類、効果、料金などを紹介

「仕事やプライベートが不調で心身共に辛く、誰にも相談できない」そのような場合は、カウンセリングを受けることも選択肢のひとつです。しかし、自分はカウンセリングを受けられるのか、どこで受けられるのか。という疑問やカウンセリングといっても、何をす...
精神疾患

パーソナリティ障害(人格障害)の特徴、種類、診断、治療について

「パーソナリティ障害」とは?まず、パーソナリティとは、その人に比較的固定した、物事の捉え方、思考および行動のパターンを意味します。これは、眼鏡に喩えると理解しやすいかも知れません。パーソナリティとは、人が生まれたときからかけていて、はずすこ...
精神疾患

反復性うつ病性障害/反復性短期抑うつ障害の診断基準症状・治療について

うつ病は精神疾患の中で最も割合が高く、特に再発率が60%と非常に高いです。その中でも、繰り返しやすい特性があり、反復性うつ病性障害の診断基準は重要です。この記事では、ICD-10とDSM-5を基にして反復性うつ病性障害の診断基準を詳しく解説...
精神疾患

過剰適応とは? 原因、対策、治し方、うつなどの症状、職場「がんばれば、何とかできる」に要注意!

過剰適応とは、周りに合わせようと無理をし過ぎている状態発達障害ではない方でも、日常生活で他者を優先する経験はあるかもしれません。周囲に合わせることは社会人として重要ですが、自分を無理に押し殺し続けることはストレスの原因となります。特に、大人...