不登校のタイプと対処法

不登校イメージ精神疾患

不登校イメージ

 

不登校の原因や背景は、お子さんひとりひとりによって異なりますが、それぞれ違って見える不登校の状態像には、多くの共通点も存在します。

「不登校」という言葉は今や広く浸透していますが、具体的にはどのような状態を指すのでしょうか。

子どもが学校に行きたがらない様子を見て「ひょっとすると、これが不登校なのだろうか」「ただ学校を休んでいる状況とどう違うのだろうか」「何か特別な対処が必要なのだろうか」と不安に思う保護者もいるかもしれません。

これまでの支援の経験と先行研究から不登校の状態像をタイプに、そしてお子さんの変化や成長を4つの時期に分析・分類しました。

お子さんの成長を援助する上でのご参考にしていただければ幸いです。

 

前駆期

何かしらの要因で心理状態が悪くなり、学校を休み始めるまでの期間

進行期

不登校が始まり、心理的な落ち込みが激化する期間

混乱期

落ち込んだ状態や無気力が固定する。改善見込みが立たず、時間が経ってしまう時期

回復期

心理状態が回復し、エネルギーが溜まってくる時期。一人で外出が可能になる

 

参考:不登校への対応

参考:不登校児童生徒への支援に関する最終報告

 

  1. 文部科学省による「不登校」の定義と、ひきこもりとの違い
  2. 不登校の現状~中学生ではクラスに1人は不登校を経験
  3. 【要因別】不登校の7つのタイプと家庭でできる対処法
    1. タイプ1 不安タイプ(良い子息切れ型タイプ)
      1. 特徴
      2. 注意点
      3. 不安タイプ(良い子息切れ型タイプ)の前駆期
      4. 不安タイプ(良い子息切れ型タイプ)の進行期
      5. 不安タイプ(良い子息切れ型タイプ)の混乱期
      6. 不安タイプ(良い子息切れ型タイプ)の回復期
    2. タイプ2 母子分離不安タイプ
      1. 特徴
      2. 注意点
      3. 母子分離不安型の前駆期
      4. 母子分離不安型の進行期
      5. 母子分離不安型の混乱期
      6. 母子分離不安型の回復期
    3. タイプ3 遊び・非行タイプ
      1. 特徴
      2. 注意点
      3. 遊び・非行タイプの前駆期
      4. 遊び・非行タイプの進行期
      5. 遊び・非行タイプの混乱期
      6. 遊び・非行タイプの回復期
    4. タイプ4 無気力タイプ
      1. 特徴
      2. 注意点
      3. 無気力タイプの前駆期
      4. 無気力タイプの進行期
      5. 無気力タイプの混乱期
      6. 無気力タイプの回復期
    5. タイプ5 人間関係タイプ
      1. 特徴
      2. 注意点
      3. 人間関係タイプの前駆期
      4. 人間関係タイプの進行期
      5. 人間関係タイプの混乱期
      6. 人間関係タイプの回復期
    6. タイプ6 ストレスによる神経症を伴うタイプ
      1. 特徴
      2. 注意点
      3. ストレスによる神経症を伴うタイプの前駆期
      4. ストレスによる神経症を伴うタイプの進行期
      5. ストレスによる神経症を伴うタイプの混乱期
      6. ストレスによる神経症を伴うタイプの回復期
    7. タイプ 7 発達障害・学習障害を伴うタイプ
      1. 特徴
      2. 注意点
      3. 発達障害・学習障害を伴うタイプの前駆期
      4. 発達障害・学習障害を伴うタイプの進行期
      5. 発達障害・学習障害を伴うタイプの混乱期
      6. 発達障害・学習障害を伴うタイプの回復期
  4. まとめ

文部科学省による「不登校」の定義と、ひきこもりとの違い

「不登校」という状態について、文部科学省は「年度間に連続又は断続して30日以上欠席した児童生徒」のうち、「何らかの心理的、情緒的、身体的、あるいは社会的要因・背景により、児童生徒が登校しないあるいはしたくともできない状況にある者(ただし、『病気』や『経済的理由』による者を除く)」と定義しています。

 

また「保護者の教育に関する考え方、無理解・無関心、家族の介護、家事手伝いなどの家庭の事情から長期欠席している者」は不登校には該当しないというのが同省の分類です。

不登校と一口にいっても、当てはまる状況は多岐にわたることがわかります。

なお、似たような表現に「ひきこもり」がありますが、こちらは「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6カ月以上続けて自宅にひきこもっている状態」であると定義されています(厚生労働省)。

期間が6カ月以上と長く、また就学者だけでなく高校中途退学者や学校卒業後の成人なども含んでいるのが特徴です。

加えて、不登校の場合は、学校を休んでいる間に友人に会ったり、習い事など学校外の活動を積極的にしていたりするケースも含みますが、ひきこもりは社会や他者とのかかわりをほとんど断ってしまっている状況が想定されています。

両者にははっきりとした違いがありますが、不登校が長期化・深刻化すれば、ひきこもりにつながる恐れも否定できません。

こちらも参考に:「精神保健指定医」とは?役割と資格取得、やりがいについて解説

こちらも参考に:過剰適応とは? 原因、対策、治し方、うつなどの症状、職場「がんばれば、何とかできる」に要注意!

不登校の現状~中学生ではクラスに1人は不登校を経験

昨今では、不登校は決して珍しい状況ではありません。

文部科学省の調査報告書「令和四年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果について」によると、2022年度に不登校状態にあった小中学生は全国で29万48人、割合にして3.2%が不登校になっていたことがわかっています。

実に31人に1人、1クラスに1人以上が不登校を経験している計算です。

一方、高校では、同年に不登校状態にあった人数は6万575人、割合は2%となっています。

一見すると少なく見えますが、高校の場合は出席日数不足などで原級留置(留年)する前に、中途退学(中退)している人が一定数いることが背景にあると考えられます。不登校は一部の人だけが経験しうる特別なものではなく、誰にとっても身近な問題になっているといえるでしょう。

こうした不登校を引き起こす原因はさまざまです。人間関係や学力など学校に関する要因のほか、家族の生活パターンの変化や家庭内のトラブルなど家庭に関係する要因、さらに「何事にもやる気が出ない」「学校に価値を見出せない」といった本人に関係する要因があり、これらが複雑に絡み合っているケースが大半です。

こちらも参考に:離人感・現実感消失症について

こちらも参考に:てんかんについて | てんかんとは

参考:自己肯定感とは?

 

【要因別】不登校の7つのタイプと家庭でできる対処法

不登校には幅広い状態が含まれるため、学校復帰に向けた対処も一様ではありません。以下では、不登校になったきっかけや長期化している原因のうち、本人に関係する要因から不登校を7つのタイプに分け、それぞれに対して家庭でできる対処法を解説します。

こちらも参考に:ピアサポート・ピアサポーターとは?活動や目的、分野について

参考:合理的配慮とは?

 

タイプ1 不安タイプ(良い子息切れ型タイプ)

情緒的に混乱しており、漠然とした不安から登校できないタイプです。

本人は登校したいと思っているものの、朝になると体の不調が起こり、学校に行けない場合もあります。このタイプは、学校や家庭で周りからの期待に応えようと頑張りすぎた結果、ストレスや疲れが限界に達している状況にある可能性があります。

そのため、まずはゆっくりと休息を取ることが大切です。必要に応じてカウンセラーや医療機関(心療内科など)にも相談し、自分のペースで再スタートできるエネルギーを取り戻せるようにしましょう。

特徴

  • 感受性が強く、内向的な考え方をする傾向があります。
  • 勉強やスポーツなどに努力し、親や教師の期待に応えようとしてきました。
  • 性格的には真面目で几帳面、神経質で完璧主義的な傾向があります。
  • 不登校になる以前は皆勤に近い状態であることも少なくありません。
  • 学校を休むことへの罪悪感が強く、家に閉じこもりがちです。

参考:スクールカウンセラー

注意点

  • これまでの本人の努力を認め、挫折感を理解することが重要です。
  • 状況を打開するために励ますや、さらに頑張るよう促すことは逆効果になることがあるため、注意が必要です。
  • 期待をかけないように態度を変えると、見捨てられたと感じることがあるため、注意が必要です。
  • 登校への意欲が見えるまでは、登校を促す刺激を与えるのは控えた方が良いです。
  • 子どもの意思に合った目標や進め方を共に考え、サポートしていくことが大切です。

 

不安タイプ(良い子息切れ型タイプ)の前駆期

前日の夜や朝の登校時間帯は、登校する意思を見せるものの、頭痛や腹痛、発熱、吐き気などの身体症状が現れて登校できなくなります。

登校しなければならないという気持ちは強く、遅刻や早退は嫌いで、普段通りの登校にこだわる傾向があります。昼頃や学校が終わる時間帯になると元気になる特徴を見せます。

また、両親に対しては甘えを見せる一方で、拒否的な態度を取ろうとします。

親の対応と学校との連携では、まず子どもの気持ちや訴えをじっくり聴くことが大切です。

いつもと違う様子や元気がなくなってきたら、子どもの焦りや不安感を受け止め、頑張りを認めながら、抱えている問題を一緒に考えていきましょう。

自分の悪い面ばかり見ている場合は、良い面をたくさん見つけて励ましましょう。子どもが学校に行きたくない理由を話したがらない場合は、無理に聞き出すことは避けます。

また、学校に子どもと信頼関係が深い先生がいる場合は、家庭での様子を知らせ、本人の気持ちや訴えを聴いてもらうようにお願いします。

 

不安タイプ(良い子息切れ型タイプ)の進行期

不安や焦りが強くなるため、ネットへ逃避したり、睡眠の問題が起こるようになり、昼夜逆転の状態になります。

親の対応によっては、拒否的、反抗的な態度を取ったり、家族と話そうとせず、食事も一緒に取らなくなり、自分の部屋に閉じこもりがちになります。

時には暴力的な行動をとることもあり、親に無理難題を要求したり、場合によっては金品を要求することがあります。

また、自傷行為や拒食(過食)などの症状を出す場合もあります。

まずは否定的な言葉を言ったり、登校刺激をすることを避け、本人を追い詰めるようなことはやめます。

休み始めたら、本人にはしばらく休んでもいいことを伝え、安心感を与えます。

子どもが話すことができたら、本人の思いをひたすら聴き、受け止めます。話の最後にアドバイスをしたり、これからの行動を指示するようなことは避けます。

本人の思いを受け止める親の方にも負担がかかるので、場合によっては信頼できる相談機関を探します。

参考:スクールソーシャルワーカーとは?

参考:摂食障害とは?

 

不安タイプ(良い子息切れ型タイプ)の混乱期

しばらく学校に行かなくてもいいことが分かると、自責の念が軽減されて身体症状が軽減されてきます。昼夜逆転の状態が少しずつ変化し、昼前には起きてくるなど、生活リズムが戻り始めます。

家族とのコミュニケーションが増えたり、学校のことを話題にしても以前ほどの抵抗感がなくなってきます。

勉強が遅れていることや、進路や将来などこれから先のことが見えないために、不安や葛藤が増大してきます。親の対応と学校との連携では、失敗やつまずくことがあっても良いこと、いろいろな選択肢があることを伝えて一緒にやり直して行こうと伝えることが大切です。

本人の興味や関心のあることを広げるために、できそうなことから一緒に行動を起こしていきます。勉強や同級生からの遅れが気になっている場合は、親から学校に連絡を取り、学校の様子を伝えて安心させます。

見守るだけの対応ではなく、学校復帰に向けて具体的に取り組むことを準備した方が、不安や葛藤に整理がつけられます。家庭訪問に抵抗がなければ、学校の先生に来てもらい、楽しい話を中心にして安心感をもたせることも良いでしょう。

参考:環境要因とは?

不安タイプ(良い子息切れ型タイプ)の回復期

心的エネルギーが戻り始め、家にいるときには開放された気分的にになることができます。

登校を促すこともできるようになり、午前中だけの登校や保健室への登校など、慣らし登校に挑戦できるようになります。

これから先のことについて漠然とした不安や焦りを感じつつも、サポートがあれば学習をすることも可能となりますので、慣らし登校を行う場合は登校時間や登校日数は段階的に増やしていく方が良いでしょう。

学校では元気そうに振舞うが、まだ不安や緊張が強く、家に帰るとぐったりする状態が続きます。

慣らし登校を始めてしばらくの間は、精神的にも肉体的にも疲労が溜まるので、家庭で十分な休息と回復が図れるようにサポートします。

親の対応と学校との連携では、勉強の遅れや体力の低下、生活習慣の乱れなど具体的な課題に対処し、学校に戻る自信をつけていく対応が必要になります。

クラスで奇異な目で見られたり、孤立したりしないよう、先生や仲の良い友達に関わってもらいましょう。

こちらも参考に:放課後デイサービスとは? 利用条件や支援内容や児童発達支援との違い

こちらも参考に:メンタルケアの新手法、オープンダイアローグとは?役割や7つの原則

 

タイプ2 母子分離不安タイプ

親(母親)と離れて一人になることや、集団の中に入ることに強い不安や恐怖を感じ、行動できなくなるタイプです。

親(母親)の愛情を切望しているが、それが叶えられない悲しみを抱いていたり、罪悪感からうまく表現できないでいることもあります。自分がうまくできないことで見捨てられることへの不安や、同世代の子たちの中で自信を持つことができないことから劣等感を抱いている場合もあります。

母親が近くにいると情緒的に安定し、一緒に登校できることもあり、同級生の前で自信を持って振る舞うこともできるでしょう。就学前にはほとんどの場合、「登園しぶり」を経験しており、小学校低学年に多い傾向が見られますが、高学年の子どもにも増えてきています。

こちらも参考に:愛着障害(アタッチメント障害)大人の特徴|原因や治し方について

特徴

・小学校低学年において比較的多く見られます。

・母親の関心や愛情をよく確認し、彼女との絆を強めようとします。

・母親から離れることに対する強い不安を抱き、母親の動向を監視し、彼女の外出を嫌います。

・母親を独占したがり、父親や兄弟姉妹に対して敵意をむき出しにすることがあります。

・母親の膝に乗ってきたり、スキンシップを求めたりするなど、幼児退行現象(赤ちゃん返り)が見られることがあります。

・母親が近くにいると、友達と一緒に遊んだり、元気に過ごすことができる傾向があります。

参考:幼児退行現象(赤ちゃん返り)とは?

 

注意点

・子どもの確認行為や、母親から離れることの不安を無視したり、注意や叱責したりすることは避けます。

・子どもに幼さを感じたとしても、拒絶したり、母親の都合で中断したりせずに、退行年齢に合わせて子どもの生理的な欲求を満たしてあげることが大切です。

・母親の態度と感情が分離しないように、感情を子どもと共有できるように表現します。

・子どもの幼児退行現象を受け止めようとすると、母親に負担が集中するため、父親や周囲の人間が母親をサポートするようにすることが重要です。

 

母子分離不安型の前駆期

子どもが着替えなど、これまで一人でできていたことができなくなるという兆候が見られ、「友達がいない」「先生が怖い」といった不安を訴えて登校を渋るようになります。

学校では、緊張感が強く、気持ちが不安定な状態や、無理をして元気にふるまう様子が見られます。登校時間になると、母親に泣いてしがみつくなど、母親と一緒でないと登校できなくなることもあります。また、友達の家には行きたがらず、家の中で遊ぶことが多くなります。

子どもに不安な様子が見られたら、できるだけ抱いてやったり、話を聞いてやるなど、母性的なかかわりを多くするよう心掛けます。

学校には登校を渋り始めたら、母親と一緒の登校や、保健室登校を認めてもらうなど、柔軟な対応を学校にお願いし、家庭と学校で共通理解を作るようにしましょう。

子どもの不安を増大させるような強い登校刺激は控えてもらい、学校の先生の家庭訪問ができる場合は、負担にならない程度に子どもと遊んだり、楽しい話をして帰ってもらうようにしましょう。

参考:自己犠牲とは?

参考:過敏性腸症候群とは?

 

母子分離不安型の進行期

母親が一緒に登校しようとしても、泣いて強い抵抗を示すことがあります。また、母親のそばを離れようとしなくなり、幼児退行現象が現れることもあります。兄弟がいる場合、母親を独占しようとすることや、父親に対して口をきかなかったり、敵意のある言動を示すことがあるかもしれません。また、友達が遊びに来ても、隠れるなどして会おうとしない場合もあります。

親の対応と学校との連携では、幼児退行現象を受け止め、満たすようにしていくことが重要です。母親への負担が集中することがあるので、家庭内で母親の気持ちを理解し、支えるようにします。

父親や祖父母は決して母親を責めず、毎日の頑張りを認め、励まします。

家庭内で煮詰まってしまいがちなので、信頼できる相談機関を探し、孤立しないようにします。

仲の良い友達や学校の先生が訪問できる可能性もあるが、学校のことを思い出して不安定になる場合は一時的に見合わせ、子どもの心理的安定を優先します。

こちらも参考に:心が疲れやすくて生きづらいHSP(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソンについて

母子分離不安型の混乱期

直接的に学校に行かせようとしなければ、学校のことを話題にしても抵抗感が少なくなる場合があり、家族とのコミュニケーションも増えて、家族と一緒であれば外出できるなど、行動範囲が広くなっていくこともあります。

家の手伝いや短い時間の留守番などができるようになります。

家で好きなことをして過ごし、気分的に安定している様子が見られ、子ども自身が学校のことや勉強の遅れなどを気にするようになることもあるでしょう。

母親から少しずつ離れて一人でできることが増えるかもしれませんが、回復してきてもいきなり突き放さず、母性的なかかわりは継続します。

子どもの好きなこと(テレビ・映画・本・運動など)を母親も一緒に体験し、心の交流を図ったり、家事などを子どもと一緒にやり、できたことをほめたり、認める機会を多くしていきます。

また、家で学習を進めたり、提出物をつくったり、学校復帰のための準備を少しずつ始めることも重要です。

さらに、学校の先生に行事や提出物、学習の進度などを確認し、母親から学校の様子をそれとなく伝えていくことも大切です。家庭訪問への抵抗感が少なくなってくるため、家族以外の人に会うことにもチャレンジすることができます。

 

母子分離不安型の回復期

家の中では母親から離れていても元気に過ごせることが多くなり、徐々に学校の勉強や提出物にも手をつけられるようになります。

友達や支援者などと家の中で会うことに抵抗感がなくなり、家族や支援者と一緒なら放課後学校まで行ったり、先生に会いに行ったりできるようになります。

母親や友達、支援者と一緒なら保健室登校や教室への登校や外出ができるようになり、徐々に学校行事や授業に参加したり、学校で過ごす時間が長くなります。

子どもの様子を見て、学校への誘いかけを行い、母親や支援者と一緒の登校など、柔軟な形での登校を学校と調整します。

いきなり長い時間や週に何度もの登校は目指さず、慣らし登校の期間を十分にとります。慣らし登校の時期には、再び子どもが不安に感じたり、ストレスを強く受けるため、家庭内では母性的なかかわりを継続し、十分な休息と回復を図ります。

 

タイプ3 遊び・非行タイプ

遊ぶために非行グループに入っていたり、学校に意味を見出せなかったりするために学校に行かないタイプがあります。このような場合、学校だけでなく、必要に応じて外部の専門機関(児童相談所教育センター、少年サポートセンターなど)にも相談しながら対処するのがよいでしょう。しっかりとルールを守らせる教育的指導を行うとともに、規則正しい生活習慣を身に付けさせたり、学習に関心を持つよう導いたりすることが、不登校の解消につながります。

参考:少年サポートセンターとは?

特徴

  • 落ち込んでいるときもあるが、好きなことや楽しいことはできる。学校での出来事など、不登校になったきっかけはあるが、原因が明確でない。
  • 基本的な生活習慣が十分身についていないため、生活リズムが乱れがちであり、逃避や回避的傾向が強く、何かを最後までやり遂げた経験が少ない。
  • 友人関係の些細なトラブルや、学校での失敗などがきっかけで登校を渋ることがあり、年齢に比べて幼く、我慢する気持ちや将来についての自立意識が十分に育っていない。
  • 学校の規則などを含め、集団生活における倫理観が欠落していることがある。ストレスがかかると情緒混乱からの身体症状が現れることがあるが、深く思い悩む様子はあまり見られず、無気力に見える。

注意点

  • 社会的・情緒的に未成熟であるため、傷つきやすく、自己表現を過剰に恥ずかしがる傾向があります。責任を回避しがちであるため、自主性・自発性を育てる取り組みを継続していく必要があります。
  • ストレスに対して敏感な一方で、焦りや不安が少ないため、見守るのみの対応をすると長期化・慢性化する恐れがあります。
  • 段階的に課題を与え、課題に直面するたびに対処の仕方を教えていくことを繰り返し、じっくりと本人の成長を援助する必要があります。
  • 本人の中に意思や希望が明確でなく、無気力的な傾向もみられるため、本人の興味や関心の幅自体を広げる体験が必要です。

 

遊び・非行タイプの前駆期

身体的な不調を訴え、断続的に休むようになり、決まった曜日に休むこともあります。

前日の夜、「明日は学校に行く」と言うが、朝になると起きてくることができなかったり、起きても長い時間トイレから出てこないなどの症状が見られますが、登校時間が過ぎると元気になり、テレビを見たり、ゲームをしたりします。

登校を促すと学校に行くこともありますが、長続きしません。休日は、友達と楽しそうに遊んだりします。

刺激する人(親や先生)は避けますが、そうでない人には甘えたり、よくしゃべる傾向があります。

対応としては、元気がなくなって来たら、まず子どもの気持ちをじっくり聴いてやります。本人の良いところを認め、小さな努力を褒めながら励まします。

学校生活や習い事等で余裕がなくなっているようであれば、子どもと話し合いながらやることを整理し、生活を立て直します。

きっかけが友人関係のトラブルや行き違いの場合、早期に心のわだかまりを解消するよう調整を図り、本人の学びの機会とします。

身体症状がある場合は、学校からの登校刺激を一時見合わせてもらいます。

参考:環境調整とは?

こちらも参考に:ロールシャッハテスト| 目的や歴史、診断手順、受検方法

遊び・非行タイプの進行期

極端な昼夜逆転にはならないものの、生活リズムは夜遅くまで起きて昼頃まで寝る夜昼逆転が起こります。深く悩む様子は見られませんが、軽度の落ち込みを何度か繰り返すことがあります。

親には強く反発することはないものの、自分で解決する努力は見られません。

学校や勉強のことなどを言われると自分の部屋に逃げ込むことがあり、日中の外出は避けますが、夜や休日には家族と買い物などに出かけることもあります。

SNSなどの学校の友達とのつながりを突然一方的に切ってしまうこともあります。

朝はいつもの時間に声をかけますが、無理に起こすことはしなくて良いです。

本人の気持ちを聴き、一緒になって問題を整理し、気持ちを前向きにしていく方針です。

身体症状が強く出ている場合には、朝起こすことをやめ、しばらく休んでいいことを本人に伝えます。

母親は指示的なかかわりを緩め、母性的なかかわりを中心にします。生活の基本的なことを子どもと一緒に行い、本人ができるように教えていきます。

父親は外に連れ出したり、アウトドアを一緒に楽しんだりし、本人の意欲を喚起するような関わりを通じて、父親としての存在を示します。」

 

 

遊び・非行タイプの混乱期

昼夜逆転が改善し、午前中には起きられるようになります。

学校の話題も家族でできるようになり、家族との関係も良くなります。

表情も明るくなり、家の中で過ごしている間には特に問題はありません。

進行期からの変化が乏しく、状況が膠着してくるときもあるかもしれません。次章で紹介する、無気力型へ移行する可能性も高い懸念があります。

本人の中での焦りや不安が少ないようなので学習や基本的な生活習慣について、できることから少しずつ取り組ませる方が良いです。

自分でできることが増え、自信がついてくると、外出の頻度が増えたり、活動の範囲が広がってきます。

初めて取り組むことでも、できないと決めつけず、一緒に取り組んでみることが大切です。学校の先生の家庭訪問が可能な場合、親の目とは違った視点から本人の努力や良い点を認めてあげると、自信につながりやすいでしょう。

参考:社会的機能とは?

参考:ネグレクトとは?

 

遊び・非行タイプの回復期

学校や勉強のことについて家族と普通に会話ができるようになります。

子どもの登校意欲を確かめながら、本人が行きやすい形で慣らし登校の計画を立てます。

行事や放課後の部活動、保健室登校など、本人が行きやすい形式であれば、登校するようになり、遅刻や早退を繰り返しながらも、自分で決めた時間帯や自分の好きな教科の時は、教室で過ごすことができるようになります。

新しい課題やトラブルに直面した時に、途中で足が止まったり、責任を回避したりしがちですが、その都度本人の気持ちを聴き、教え、乗り越え方を習慣的に獲得できるように援助します。

勉強の遅れや基本的な生活習慣についての課題に着実に対処していきます。学校にいきなり通い始めるのが難しい場合は、訪問の支援者を入れたり、フリースクール・塾等への通学を行い、社会的に未成熟な部分の育成を行います。

子どもの興味や関心を伸ばし、知識や技能を深め、学校生活の中でも自信を持てるようにします。

学校生活の中で自分の得意なことを活かして、活躍できる場面や役割を作ってもらえるよう配慮し、善悪の判断基準、社会に出る上で大切なこと、親として大切にしている思いなどを、恥ずかしがったり、叱ったりせずにきちんと伝えていきます。

 

タイプ4 無気力タイプ

このタイプの個人は、自己肯定感を築けず、日常生活に満足感を見出せず、無気力に陥りやすい傾向があります。そのような場合には、まず、保護者が子どもの声に耳を傾け、自尊感情を向上させるよう努めることが重要です。さらに、本人の希望に沿って、負担の少ない範囲で習い事やフリースクール、適応指導教室への参加を検討し、家庭内での家事などの責任を与えることで、彼らの充足感を高めることができます。

また、学力面での自信を養うことも有効です。例えば、高校生なら通信制高校(インターネット学習を含む)などの自宅学習が可能な選択肢もあります。これらの取り組みは、彼らの自己肯定感を向上させ、日々の生活に対する前向きな姿勢を促す助けとなるでしょう。

こちらも参考に:社会不適合者とは?特徴・生き方・向いている仕事について

こちらも参考に:毒親とは?種類と特徴。 毒親に育てられた人はどうなる?

 

特徴

・登校しないことに対する罪悪感が少なく、時折迎えに行ったり強く催促されると登校することもありますが、その継続性は乏しい傾向にあります。
・心因性の身体症状は見られません。
・楽しい行事があると自発的に登校することもあり、友達の誘いにも応じることがあります。
・日常生活ではあまり主体性を発揮せず、課題に積極的に取り組もうとする意欲が乏しいです。
・家庭では比較的元気で、インターネットやゲームなど、自分の好きな活動に時間を費やして過ごします。

注意点

・周囲が見守るだけの対応では、不登校の期間が長引き、長期のひきこもりに至る可能性があります。

・本人の内面には、親や先生など社会に対する不信感や、進学や就労についての不安感が多く存在し、「どのように生きていけばよいのか」という根本的な疑問に向き合う必要があります。

・感情に共感しつつも、これまで経験してこなかったことに取り組ませ、本人の自己を確立し、将来のキャリアについて援助していくことが重要です。

こちらも参考に:強度行動障害とは?原因や症状、対応や支援について

 

無気力タイプの前駆期

「めんどくさい」「だるい」という言葉がよく口にされ、元気がなくなり無気力になっていく傾向が見られます。

また、「先生が嫌いだ」「学校が面白くない」といった理由で休もうとすることがありますが、具体的な原因は明確ではありません。

友人の誘いや学校の先生の訪問には応じることがありますが、登校意欲は一貫しないです。登校しない場合でも、家族関係は悪化せず、和やかに過ごすことができます。その間、テレビやゲームなど、好きなことをして一日を過ごすことがあります。

無気力感の原因を明確に言語化できないため、原因を根掘り葉掘り聞くことは避けます。

本人の興味や関心に共感して情緒的な交流を図ります。

本人が心を開いてきたら、学校や進路に関する困りごとがないかを聞き、親も一緒に考える姿勢を示します。また、親や先生は大人としての一面を見せるのではなく、若い頃の経験や失敗について話し、成長には失敗や困難がつきものであることを伝えます。

 

無気力タイプの進行期

学校に行かないと宣言して休み始めることがあります。

生活リズムが崩れ、一日中ネットやスマホを使い、昼夜逆転状態になることもあります。表情も暗くなり、家族との会話も最低限になり、学校の話題を避ける傾向が見られます。

刺激を避け、コミュニケーションをとりたい人とは普通に話すことができる一方で、自室に閉じこもる生活となり、外出しなくなることもあります。

登校刺激を控え、本人の興味や関心について話題にして、普通の会話を取り戻すことが重要です。

両親は指示的なかかわりを避け、子どもの気持ちを理解し、共感を示すように心がけるべきです。また、人生に行き詰まりを感じている場合が多いため、「自分の人生だから」と突き放すと、問題が長期化する可能性があります。

高校生の場合、出席日数や単位の問題があるため、学校の先生に進級の条件と現在の教科ごとの出欠状況を確認する必要があります。

 

無気力タイプの混乱期

家族との会話が戻り、刺激しなければ落ち着いて過ごせるようになります。

出席日数や進級のことを気にするようになり、自分から学校のことを話題にすることもあります。

学校への復帰には前向きではないが、「アルバイトしてみたい」「一人暮らしがしたい」などの独立心を見せることがあります。

ネットで転編入、進学や受験、就職のことを調べている場合もあり、少しずつ意欲が出てくる                                            が、その気持ちを後押しするために「これを買ったら学校へ行くか」などともので釣るような対応は避けましょう。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

本人の小さな意欲を行動につなげるために、親も一緒に行動することを伝え、本人が今抱えている問題、進路上の課題について一緒に解決していく姿勢を見せます。

進級の可能性がある場合は、学校の先生から本人に対してまだ十分間に合うこと、取り戻すことが可能であることを伝えてもらいます。

進級が難しい場合は親が子どもの気持ちに添った上で進路の情報収集をし、一緒に学校見学などを行います。

 

無気力タイプの回復期

本人が心惹かれるものや興味を持つことが見つかり、これまでと考え方が前向きに変化してきます。

家族とじっくり将来のことや学校のことなどを話すことができるようになり、与えられた役割や課題に対して取り組もうとする姿勢が出てきます。

放課後先生に会いに行ったり、別室や保健室への慣らし登校が始められるようになります。

本人の課題や目標について一緒に考え、本人の持っている良さを認め励まし、自立を図るための援助を行いましょう。

欠席が長期化し、進学が難しい場合でも、本人の意思を尊重しながら一緒に進路について考えます。学校と本人の状態とこれからの先のことについて共通理解を図り、進路決定について様々な条件や制度についての専門的な助言を学校に協力してもらいます。

 

 

タイプ5 人間関係タイプ

いじめを含むクラスの友人関係や、部活動での先輩・後輩との関係、また教職員との関係などが原因で不登校になっているタイプがいます。このような場合、家庭と学校が連携し、不登校の要因となっている人間関係のトラブルを解消することが先決です。担任の先生はもちろん、部活動の顧問やスクールカウンセラーなども相談先として考えられます。

特徴

・いやがらせやいじめ、友達や教師とのトラブル、転校による不適応感など、明らかにそれと分かる人間関係上の問題が原因となって、登校できなくなることがあります。登校しようとする意思はあるものの、これらのトラブルを一人で解決できず、登校できないでいます。

・積み重なったストレスにより体調を崩し、頭痛や腹痛などの身体症状を訴える場合もあります。

こちらも参考に:精神科訪問看護(MHSW : 旧PWS)でできることは?サポート内容や具体的な事例をご紹介!

参考:認知行動療法(CBT)とは?

注意点

・早期対応が早期解決の鍵となることが多いので、事情が分かればすぐに解決を図っていくことが必要です。

・本人があまり話したがらない場合は、無理に聞き出すとその状況や言われたことを思い出し、さらに傷つく可能性があるので、注意が必要です。

・子どもの訴えが、内面の未熟さと結びついている可能性がありますが、「わがまま」や「甘え」として責めると、当面の問題が解決しても登校できなくなる可能性があります。

・特定の人物だけでなく、人間や社会への全体的な不信感につながる可能性があるため、本人の心のわだかまりを解消していくことが大切です。

 

人間関係タイプの前駆期

身体的不調を訴え、表情が暗く、元気がない様子が見られ、登校を渋ることが多くなります。時々早退や欠席をするようになります。

勉強に身が入らなくなり、成績が急に下がります。学校で何かあったとしても、自分からはあまり話をしようとしない傾向が見られます。また、休み時間になると頻繁に他のクラスに行ったり、廊下をうろうろしたりすることが目立つようになります。

様子がおかしいと感じたら、じっくり話す機会をつくりましょう。

本人が具体的には話したくないようであれば無理に聞き出さず、「どんなことがあってもお母さんは味方だからね」と伝え、自分から話すのを待ちます。

事情がわかったら、学校と連絡を取り、トラブルの調整を図ります。

本人が特定の人に謝罪を求めている場合は、家庭と学校が協力してトラブルの調整の経緯を、本人が納得できるように説明し、最終的にどのような形で解決するか本人に決めさせるよう努めます。

 

人間関係タイプの進行期

トラブルの解決が図られないことへの絶望感が強く、情緒的に不安定になることがあります。

不登校が始まり、登校できない焦りから生活が乱れ、昼夜逆転の生活に陥る場合もあります。部屋に閉じこもり、家族を避けるようになり、親の対応によっては拒否的、反抗的な態度を取ったり、暴力的な行動を取る場合もあります。

いじめの場合は、その解決が図られないままこの時期が続くと、ストレスによる神経症を発症したり、自殺を考える場合があります。

親が本人の気持ちをじっくり聴き、トラブルの調整に向けて協力する姿勢を示し、安心感を与えます。両親と学校とで話し合い、トラブルの調整に向けて動き出します。

場合によっては信頼できる第三者機関に入ってもらい、調整を図ります。いじめや教師とのトラブルの場合、学校に本人の苦しみを十分に理解してもらい、学校としての対応の状況や経過について本人が納得できるように説明してもらいます。

学校で起きたトラブルは本人の心のわだかまりを解消することが目的であるため、本人の気持ちを優先し、親が主役にならないように注意します。

 

 

人間関係タイプの混乱期

表情に明るさがみられ、学校や勉強のことを気にするようになり、登校してみようという気持ちを示すようになります。

普段の生活では元気そうに見えるが、依然として学校生活に強い不安感が継続する場合もあります。欠席が長期になると、進学先など進路についての不安が大きくなってきます。

原因となったトラブルが解決しないと、「あの事があったせいでこうなった」という強いこだわりをつくり、前に進む取り組みが始められないことがあります。

原因となったトラブルについて本人とじっくり話し合い、その解決に向けて動きます。

登校までの道筋を本人と一緒に考え、保健室への登校や登校時間をずらしての登校などの慣らし登校の計画について学校と協議します。

原因となったトラブルの解決が困難な場合、傷ついた心を癒すのには一定の期間が必要であるため、焦らず対応していきます。

参考:情緒障害とは?

こちらも参考に:パーソナリティ障害(人格障害)の特徴、種類、診断、治療について

人間関係タイプの回復期

学校やこれからのことについて、家族や学校の先生とじっくり話をすることができるようになります。

保健室への登校など、慣らし登校を始められるようになり、以前のエネルギーが戻ってきます。遅れた勉強についても一生懸命取り組むようになり、原因となったことについてのこだわりはあるものの、少しずつ学校生活になじもうと努力します。

本人が希望する間は保健室への登校や時間をずらしての登校を認めてもらい、これまでの経緯について教職員全体で共通理解をしてもらいます。

いじめの場合、しばらくの間は本人と加害者両方に配慮してもらい、本人へ学校としての防止策についてきちんと説明し、安心感を与える必要があります。

参考:精神病理学とは?

参考:精神動態療法(Psychodynamic Therapy)とは?

 

タイプ6 ストレスによる神経症を伴うタイプ

ストレスによる神経症を伴うものであり、特定の子どもに発生することがあります。子どもごとに症状は異なりますが、心理的な要因、例えば家庭環境や人間関係などが関与していると考えられています。そのため、ストレスや不安感を軽減することが非常に重要です。

こちらも参考に:双極性障害(躁うつ病)の方への接し方で大切な事と悩んだ際の対処法

こちらも参考に:反復性うつ病性障害/反復性短期抑うつ障害の診断基準症状・治療について

特徴

・「情緒混乱型」の一部の子どもに、これらの症状が見られる場合があります。

・彼らは通常、几帳面な性格を持ち、独自の主観的なこだわりを持っています。また、自分の内面に閉じこもる傾向があります。

・身体的な症状としては、頭痛、腹痛、吐き気、発熱などが報告されることがあります。また、強迫性の神経症状もみられることがあります。

・さらに、摂食障害や自傷行為などの行動が見られることもあります。

注意点

・登校への刺激による外的ストレスや不登校状態にあることから生じる内的なストレス、自身の否定的な感情や見方、考え方などによる反応です。そのため、子どもの不安を和らげることが重要です。

・症状の表れ方は個々に異なりますが、背景には家庭生活や人間関係での葛藤、自己の確立不足などの心理的要因が存在します。

・精神疾患の初期症状として不登校が見られる場合があります。その中でも代表的なものは「統合失調症」であり、特に思春期に発症しやすい傾向があります。

・精神疾患の可能性が疑われる場合は、できるだけ早く信頼できる医療機関を受診することが重要です。本人が外出できない場合でも、親が医療機関や相談機関に連絡し、適切な対応について相談することが必要です。

 

ストレスによる神経症を伴うタイプの前駆期

登校時や授業中に頭痛、腹痛、吐き気、発熱などの身体症状を訴え、遅刻や早退が目立つようになります。以下は精神疾患でよく現れる症状です。

 

対人恐怖:自分が無視されていると思い込んで人に会うのを怖がる

醜形恐怖:自分の容姿や体の一部が醜いと感じ、鏡を何十回も見ることが習慣となったりします

不潔恐怖:身の回りの清潔さに異常な執着を見せ、洗ったり拭いたりを繰り返すことがあります

摂食障害:拒食または過食の症状を出し、体調を崩すこともあります

うつ病や躁病、双極性障害:感情の高まりや沈み具合が本人の意志を超えて変動

統合失調症:突発的な行動、不自然な動き、脈絡のない会話が見受けられる場合、被害妄想、幻聴、幻覚があるかもしれません

参考:双極性障害、一型と二型の違いとは?

参考:醜形恐怖とは?

参考:摂食障害とは?

 

親の対応として、本人が次第に元気を失ってきた場合は、まず本人の訴えや苦しみを丁寧に聞いて気持ちを受け止めることが大切です。

親が本人の症状を理解し受け入れることで、症状が軽くなることもあり、これをストレスによる神経症とみることができます。

もし精神疾患の可能性が疑われる場合は、医療機関や相談機関に相談し、適切な対応の方針を得るようにしましょう。同時に、学校とも連絡を取り、本人の状態や対応について共通理解を図ることが重要です。

 

ストレスによる神経症を伴うタイプの進行期

不安や緊張、物事がうまくいかないことに対する焦りや怒りによって、ひどい混乱状態に陥ることがあります。

特に母親に対して理解されないと感じたり、家族の対応によっては暴力を振るうこともあり、この状況下では、摂食障害や自傷行為、不潔恐怖、被害妄想などの強迫性の症状が現れることがあります。統合失調症の場合、症状がよりはっきりと出ることもあります。

親や学校との連携では、これらの症状が現れた場合、叱責や登校の刺激を控えることが重要です。

休み始めたら、しばらく休んで療養することを伝え、安心感を与えるようにします。また、親の苦しみや不安も考慮し、医療機関や相談機関に相談して適切な方針を得ることが重要です。精神疾患の場合、本人への適切な治療が必要であり、主治医の指示に従って治療を進めます。

参考:被害妄想とは?

ストレスによる神経症を伴うタイプの混乱期

親の理解や治療の進行に伴い、症状が緩和されて本人の状態が安定してきますが、何も対処しなかった場合は症状が持続し、悪化が停滞することがあります。

本人は自分の病気から逃れたいと感じ、不安や苦しみを繰り返し訴えることがあります。

治療が進み、気持ちが安定すると、勉強の遅れや将来に対する不安や焦りが表面化することがあります。

本人の立ち直りに時間がかかることを理解し、学校にも本人の状況を理解してもらい、ゆっくりと復帰を目指すことが重要です。

また、精神疾患の場合は、引き続き主治医の指示に従い治療を進めます。前向きな変化が見られない場合は、セカンドオピニオンを求めることも検討します。

参考:セカンドオピニオンとは?

ストレスによる神経症を伴うタイプの回復期

本人の心理的安定度が向上し、将来について親と深く話し合えるようになります。

病気を克服しようとする意欲が芽生え、主治医の指示に従ってカウンセリングなどにも積極的に参加します。将来について考え、自分にできる具体的な目標を持ち、それに向かって努力します。

学習を始めたり、慣らし登校を始める際には、主治医に相談し、無理のない範囲で進めます。

登校に向けた計画を共に考え、本人の不安や希望を聞いて安心感を与えます。

また、本人の意欲や焦りに対応するため、無理のない課題を少しずつ進められるようにサポートします。

本人の希望があれば、保健室への登校や時間をずらしての慣らし登校などの選択肢も検討します。

慣らし登校の際には、本人の状態や経過を学校全体に共有し、サポートを求め、進級が見込まれない場合でも、次の年のやり直しや転編入、高卒認定などの選択肢があることを伝え、励ます方針を取ります。

 

タイプ 7 発達障害・学習障害を伴うタイプ

不登校児の57%が広汎性発達障害(ASD)や注意欠陥/多動性障害(ADHD)などの発達障害を有しているという統計が示されています。不登校の誘因は複数存在し、対人関係の問題が最も一般的な要因とされています。

特に他害行為が目立たず、行動特性が顕著でないため、発達障害としての認識が遅れることがあり、その結果、診断や教育的な配慮が遅れ、不登校という二次障害が生じることがあります。

行動特性が目立たず、困り感を認識したり表現したりするのが難しい子供たちの発達の偏りを見逃さないためには、教師は学力だけでなく、授業中の態度や時間の守り方、提出物の期限順守などのルール順守能力、グループ活動や学校行事への参加態度、休み時間の友達同士のコミュニケーション能力などについて、積極的かつ細かな観察が不可欠です。

こちらも参考に:大人の「自閉スペクトラム症(ASD)」とは?特徴やセルフチェックなど

こちらも参考に:発達年齢が平均的な子の7~8割の「境界知能」とは?支援や大人の特徴も紹介

特徴

・特定の教科や分野で理解するのに時間がかかり、極端に苦手な科目があるため、学習への抵抗感が強まり、学習の遅れが生じることがあります。

・クラスメイトとの円滑なコミュニケーションが難しく、人間関係がうまく築けない場合や孤立する場合があります。

・自分のペースに合った活動には積極的に参加しますが、それ以外のことには消極的になる傾向があります。

・課題に直面したり、傷つく出来事があったときに、葛藤や怒りを適切に処理できず、パニックを起こすことがあります。

参考:パニック障害とは?

注意点

・集団の中で不適応を起こしやすい社会的、情緒的未成熟さがあるため、問題が生じた際には、本人の気持ちを尊重し、相手の立場や状況を説明し、学びにつなげることが重要です。

・苦手なことやできないことばかりに焦点を当てるのではなく、得意なことや興味を持つ活動に取り組むことで、本人の自信を育てます。

・学習に関しては、本人の感覚や理解の仕方に合わせて、教育方法を調整する必要があります。場合によっては、個別指導の塾やフリースクールなどの支援も検討します。

・LD、AD/HD、自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群)、軽度の知的障害などの背景があるかもしれませんが、診断に囚われず、子どもの個性を尊重し、足りない部分を補いながら、社会的自立を目指すことが重要です。

こちらも参考に:ADHDの顔つき、行動の特徴。見た目では分からない困りごとなどなどを解説

こちらも参考に:ニューロダイバーシティとは「標準」を変えていく実践的活動

発達障害・学習障害を伴うタイプの前駆期

学校を休みたがる理由として、「学校がおもしろくない」「友達から嫌なことを言われる」「学校に行くと疲れる」といった様々な理由が挙げられます。友達の中に入れず、一人で孤立することが多くなります。

学校に保健室や職員室に避難の教育的配慮をお願いして、保健室など教室以外の場所を居場所として認めてもらうようにしましょう。

学校の話題になると黙り込んで避ける一方で、楽しい行事や遊びに誘われると登校することもあります。休んだ際には、学校のことをあまり気にせず、家の中で比較的元気に過ごすことが多い傾向にあります。

親の対応としては、子どもの思いを聴き、「一緒に解決していこうね」と行動につなげます。学習の遅れが原因の場合は、個別指導の塾やフリースクールで補習学習を行います。

身体的な不調が見られる場合は、登校刺激を避けてください。

 

発達障害・学習障害を伴うタイプの進行期

登校時間が過ぎても、起きようとしなくなります。登校刺激があると、泣いたり、声を荒げたり、感情を処理できず軽いパニックになることもあります。

外出を控え、家の中で過ごすことが多くなりますが、部屋に閉じこもることはまれです。親が学校を休むことを認めると、日中好きなことをして過ごすようです。

親の対応としては、「みんなできるのに、どうしてできないの」といった同級生との比較的な発言は避けましょう。

現在の状態では十分な学校適応が難しいと考えられる場合は、一定期間休むことを決め、学習や社会性の育成に取り組みます。

本人が興味を持ってやっていることや楽しんでいることを認め、得意なことを伸ばすようにします。食事の準備など、手伝いをさせる機会を設け、頑張りを認める場面を多くします。

 

発達障害・学習障害を伴うタイプの混乱期

登校刺激がなくなると、家の中で自由な気持ちで過ごせるようになります。親や、自分のペースに合わせてくれる人には、自分を自由に表現でき、良く話すようになります。

一方で、「自分がまわりの人と違っているかもしれない」「人と会話を合わせられない」と、人間関係や自我についての悩みを話すようになることもあります。

学習や進路についても不安や焦りが出てくる場合もあります。

親の対応として、不安や葛藤が少なく安定している場合は、保健室登校や放課後の先生との面談など、慣らし登校につなげます。

慣らし登校を始めるときは、どうして学校を休んでいるのか、クラスメイトに理解しにくい場合があるので、クラス内でどのように受け入れ、援助していくのかなど、環境整備が必要です。

不安や葛藤が強い場合は、話を聴いてくれる支援員など親以外の人とのコミュニケーションの機会を増やしたり、工夫して勉強を教えたり、本人の自信を回復する取り組みを進めます。

こちらも参考に:軽度知的障害とは?診断基準や発達障害との関係。困りごとと対処法。受けられる福祉について

発達障害・学習障害を伴うタイプの回復期

表情が明るくなり、行動範囲も広がり意欲的になります。

学校行事への参加や放課後の登校、塾やフリースクールなどに通学できるようになり、学習にも取り組むようになります。

心理的負担が強くなると、登校のリズムが乱れることもありますが、保健室などで過ごすことが多い場合でも、体育や理科の実験など活動的な学習や、自信のある場面には参加できることもあります。

親の対応としては、学習やその他の活動においても、本人の感じ方や習得の仕方に理解を示し、工夫して教えることでできることを少しずつ増やしていきます。

学校に戻り始めても、同級生と比較したりせず、本人のペースでの成長を見守り、援助します。

本人の興味のあることや好きなことは、特技になるくらいまで伸ばすと、本人の自信につなげられます。学校生活の中で、活躍できる場面や役割を作ってもらい、自信を持てるように関わってもらいます。

 

まとめ

不登校になったことで、本人も保護者も将来を心配してしまうかもしれませんが、適切に対処すれば問題なく学校復帰・社会復帰することは可能です。不登校と呼ばれる状況にはさまざまな状態が含まれますが、大切なのは、一人一人に合った形で適切に対処することです。今回紹介したタイプ別の対処法をひとつのヒントに、学校や専門機関と連携しながら、本人にとって無理のない学校復帰への道筋を描いてみてください。

こちらも参考に:無意識に汚い言葉やキツイ言葉が出て来てしまう「汚言症」の世界

こちらも参考に:大人の発達障害【ASD女性の特徴】女性特有の事例と対策6選

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました