ADHD(注意欠如・多動症)

ADHD(注意欠如・多動症)は、年齢や発達に比べて注意力が不足し、衝動的で落ち着きがないといった特性があり、それによって日常生活に支障をきたしている状態を指します。医学的にも“注意欠如・多動症”と呼ばれます。ADHDは通常7歳よりも前から現れ、成人になっても持続する傾向があります。その具体的な原因ははっきりしていませんが、脳の成長に偏りが関与していると考えられています。

こちらも参考に:パーソナリティ障害(人格障害)の特徴、種類、診断、治療について

こちらも参考に:ADHD(注意欠如・多動症)の薬 | アトモキセチン(ストラテラ)について

 

ADHD(注意欠如・多動症)のよくある質問

Q
ADHDの3つの特徴は?
A

ADHD(注意欠如多動性障害)は、「不注意(物事に集中することができず、忘れ物や物をなくすことが多い)」「多動性(落ち着きがなく、じっとしていることが苦手)」「衝動性(思いついた行動を唐突に行う・順番待ちができない)」の3つを中心的な症状とする発達障害です。

こちらも参考に:注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療薬の種類・効果効能・副作用の解説

参考:読字障害(ディスレクシア)とは?

Q
ADHDの軽度の特徴は?
A

特徴は、物事に集中できずケアレスミスが多い、「不注意優勢型」では忘れ物が多く、片付けが苦手などの症状が強い一方、「多動性、衝動性優勢型」では落ち着きがなく、一方的なおしゃべりや不用意な発言が多い、感情が高ぶりやすいといった動きが目立ちます。

参考:IQとは?

参考:臨床心理士とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました