バルプロ酸

バルプロ酸ナトリウムは、2-プロピルペンタン酸のナトリウム塩です。言い換えると、バルプロ酸とは2-プロピルペンタン酸の別名です。バルプロ酸は独特の匂いを持ちます。この匂いを軽減するために、ナトリウム塩として製造され、その結果、水溶性が向上しました。そのため、水に溶けやすくなりました。

こちらも参考に:大人の「自閉スペクトラム症(ASD)」とは?特徴やセルフチェックなど

こちらも参考に:双極性障害(躁うつ病)の方への接し方で大切な事と悩んだ際の対処法

 

バルプロ酸のよくある質問

Q
バルプロ酸は何に効く薬ですか?
A

中枢神経に作用して脳内のGABA濃度を増加させることで、バルプロ酸ナトリウムはてんかんの発作を抑制します。同時に、GABA神経伝達を促進する作用により、てんかんによる気分の不安定さを緩和し、興奮状態や制御不能な行動を抑え、片頭痛の発作を防止します。

こちらも参考に:パーソナリティ障害(人格障害)の特徴、種類、診断、治療について

参考:ソーシャルスキルトレーニング(SST)とは?

Q
バルプロ酸の主な副作用は?
A

一般的な副作用には、眠気、めまい、吐き気、食欲不振、倦怠感などが含まれます。

参考:障害福祉課とは?

参考:発達障害者支援センターとは?

タイトルとURLをコピーしました