• 用語集
  • ソーシャルスキルトレーニング(SST)

ソーシャルスキルトレーニング(SST)

ソーシャルスキルトレーニングでは、対人関係や集団生活を営みやすくするための技能(スキル)を養っていきます。
特に発達障害のお子さまにおいては、自身の置かれた状況を読み取ることや、何らかの理由で適切な行動を獲得しづらいことがあり、対人関係上の経験を積み重ねる中で自身で振る舞いを修正・調整していくことが難しい傾向にあります。

ソーシャルスキルトレーニングでは、お子さまの特性や情緒面、本人を取り巻く環境などにも配慮しながら、社会的スキルのつまづきを補い、集団の中でその子らしく過ごせるように支援していきます。

こちらも参考に:過剰適応とは? 原因、対策、治し方、うつなどの症状、職場「がんばれば、何とかできる」に要注意!

こちらも参考に:ミルタザピン(リフレックス・レメロン)の効果と副作用

ソーシャルスキルトレーニング(SST)のよくある質問

Q
SSTとは具体的に何ですか?
A

このトレーニングでは、人とのコミュニケーション方法や、病気や薬との付き合い方、ストレスへの適切な対処法などのスキルを具体的に学びます。これにより、自己肯定感を回復し、生活の質を向上させることが期待されています。

こちらも参考に:ピアサポート・ピアサポーターとは?活動や目的、分野について

参考:障害児相談支援とは?

Q
SSTを学ぶメリットは?
A

SSTを実践する際の利点は、社会生活における問題解決に寄与し、生活の質(QOL)を向上させることです。同時に、精神疾患の悪化を防ぎ、二次的な障害を引き起こさないためにも積極的に活用されることが有益です。

参考:家族療法とは?

参考:児童発達支援センターとは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました