傷病手当金の不支給期間

改正により、被保険者が長期間の療養が必要な私傷病に罹患した場合、症状が改善して就労可能となった期間(傷病手当金の支給が停止される期間)は、支給期間の1年6ヶ月から除外されることとなりました。支給期間は、支給が開始された日から1年6ヶ月を超えない期間です。

こちらも参考に:失業保険の特定理由離職者(特定受給資格者)とは?給付日数、必要書類、診断書などを解説

こちらも参考に:傷病手当金の支給期間が変更に!金額の計算方法、支給条件、併給できる給付を紹介

 

傷病手当金の不支給期間のよくある質問

Q
傷病手当の支給期間と不支給期間の期間は?
A

支給期間は、支給開始日から1年6ヶ月を超えない期間を指します。この期間内に傷病手当金が支給され、一時的に就労したことによる傷病手当金の不支給期間も1年6ヶ月の計算に含まれます。支給期間は、支給開始日から通算して1年6ヶ月とされています。

こちらも参考に:令和5年度「障害者雇用納付金制度」とは?雇用調整金や助成金の種類

参考:標準報酬月額とは?

Q
傷病手当金は1年6ヶ月支給されますか?
A

傷病手当金の支給期間は、令和4年1月1日以降、支給を開始した日から通算して1年6ヵ月となりました。ただし、支給を開始した日が令和2年7月1日以前の場合には、引き続き支給を開始した日から最長1年6ヵ月です。支給開始日以前の加入期間が12ヵ月に満たない場合、支給額はその期間に基づいて低い額が使用され、計算されます。

参考:労務不能期間とは?

参考:標準報酬月額とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました