厚生労働省

厚生労働省は、日本の行政機関であり、健康、医療、福祉、介護、雇用、労働、および年金に関する行政を担当しています。また、復員や戦没者遺族等の援護、旧陸軍や海軍の残務整理も所管しています。厚生労働省は通称「厚労省」とも呼ばれ、2001年1月の中央省庁再編により、厚生省と労働省が統合されて誕生しました。厚生労働省の予算規模は中央省庁の中で最大である。

こちらも参考に:コンサータ(メチルフェニデート) ADHD(注意欠如・多動症)の薬について

こちらも参考に:令和5年度「障害者雇用納付金制度」とは?雇用調整金や助成金の種類

 

厚生労働省のよくある質問

Q
厚生労働省の主な仕事は何ですか?
A

厚生労働省の業務は、少子高齢化や人口減少、格差の拡大、グローバル化といった社会の構造的変化に直面しながら、1億3千万人の国民の生命や健康、生活に直結した課題解決を担っています。厚生労働省は、人々の幸福を願う「志」を持ち、多様な意見に耳を傾け、人々の思いに心を寄せられる「想像力」を重視しています。そして、将来に向けた斬新なアイデアや政策を生み出すために、「創造力」を持った人材を求めています。

こちらも参考に:法テラスの立替制度を利用できる人の条件 | 収入や資力基準

参考:労働局とは?

Q
厚生省と厚生労働省の違いは何ですか?
A

厚生省(こうせいしょう、Ministry of Health and Welfare)は、以前、日本の行政機関のひとつでした。医療、保健、社会保障などを管轄していました。2001年(平成13年)1月に、当時の労働省と統合され、厚生労働省に改称されました。

参考:地方運輸局とは?

参考:生活困窮者とは?

タイトルとURLをコピーしました