自傷行為

自傷行為は、意図的に自分の身体に傷を負わせる行動を指します。例えば、切ったり、焼いたり、叩いたりすることがあります。これは感情のコントロールや内的な苦痛の緩和を試みる場合が多いです。うつ病や不安障害、過去のトラウマと関連しており、思春期や若年層でよく見られます。ただし、自傷行為は健康への害や長期的な精神的悪化を引き起こす可能性があります。

こちらも参考に:メンタルケアの新手法、オープンダイアローグとは?役割や7つの原則

こちらも参考に:アリピプラゾール(エビリファイ)の効果と副作用

 

 

自傷行為のよくある質問

Q
自分を傷つける原因や考えられる病気には何がありますか?
A

自傷行為の原因として、過去の経験や最近の辛い出来事が挙げられます。また、精神疾患の一環として統合失調症やうつ病が関与していることもあります。

一般的に、強い心的なストレスが自傷行為の背景にあります。自傷行為の意図には、以下の3つの側面が考えられます。

  1. 心的な痛みを物理的な痛みに変換すること
  2. 自傷行為によって脳内の鎮痛物質であるエンケファリンやβエンドルフィンが放出され、一時的に苦痛が和らぐこと
  3. 他者に対する意思伝達や操作

自傷行為をする人々の背景には、さまざまなストレス要因が存在し、時には摂食障害やアルコールの乱用などの同時存在が認められることもあります。

こちらも参考に:発達障害と障害者手帳 取得できる条件や手帳の種類や申請手順について解説

参考:虐待とは?

Q
なぜリストカット(リスカ)をしてしまうのですか?
A

個々の人によって原因は異なりますが、自傷行為が主に精神的な苦痛から逃れるため、生きている実感を得るため、または不安や緊張から一時的に開放されるために行われると言われています。

自傷行為は、イライラや辛い気分など、不快な感情を軽減するという目的が一般的です。また、自分の辛さを他人に理解してもらいたいという気持ちから行われる場合もありますが、一般的な傾向としては、自傷行為は一人で行われ、他人には秘密にされることが多いです。

参考:併存症とは?

参考:自動思考とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました