回復期

回復期は、急性期治療を受け、病状が安定し始めた発症や手術後から1〜2ヶ月後の段階を指します。この回復期には、集中的なリハビリテーションが行われ、身体機能や日常生活動作(ADL)の改善に最も効果的です。

こちらも参考に:年金証書の再発行・再交付。必要な書類と手続き

こちらも参考に:心理カウンセリングとは?内容や種類、効果、料金などを紹介

回復期のよくある質問

Q
急性期と回復期の違いは何ですか?
A

急性期機能は、急性期の患者に対して、状態の早期安定化に向けて医療を提供する機能です。一方、回復期機能は、急性期を経過した患者に対して在宅復帰に向けた医療やリハビリテーションを提供する機能です。

こちらも参考に:【2023年最新】サービス管理責任者(サビ管)とは?資格の取り方、仕事内容・働く場所・給与を解説

参考:幻覚とは?

Q
回復期 何日まで?
A

回復期リハビリテーション病棟は、患者の疾患や重症度によって異なりますが、最長で180日間の長期入院が可能です。

参考:慢性期とは?

参考:感情平板化とは?

タイトルとURLをコピーしました