高次脳機能障害

高次脳機能障害とは、脳卒中や交通事故などで脳の一部が損傷し、思考、記憶、行動、言語、注意などの特定の脳機能に障害が生じる状態を指します。この障害は外見からはなかなか理解しにくく、周囲の人に誤解を招くことがあります。

こちらも参考に:注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療薬の種類・効果効能・副作用の解説

こちらも参考に:ニューロダイバーシティとは「標準」を変えていく実践的活動

 

高次脳機能障害のよくある質問

Q
高次脳機能障害の主な症状は?
A

高次脳機能障害の症状には、何度も同じことを話す「記憶障害」や質問を繰り返すことが含まれます。また、気が散りやすく、仕事でのミスが増える「注意障害」や感情のコントロールが難しい「感情障害」など、様々な症状が現れます。これらの症状があるため、日常生活においてさまざまな困難が生じることがあります。

こちらも参考に:令和5年度「障害者雇用納付金制度」とは?雇用調整金や助成金の種類

参考:ニューロンとは?

Q
高次脳機能障害はどのくらいで治りますか?
A

高次脳機能が一度低下した場合、徐々に改善の兆しが見られます。通常、症状は発症後1年ほどで著しく改善しますが、その後の改善は鈍り、発症後2年経過するとほぼ症状が固定するとされています。従って、早期に適切なリハビリテーションを受けることが重要であり、これが社会復帰への近道となります。

参考:併存症とは?

参考:注意障害とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました