二次障害

精神疾患

離人感・現実感消失症について

精神科や心療内科で扱われる症状の中には、名前からは症状の実態がイメージしにくいものもあり、「離人感・離人症」はそのひとつです。離人感で経験される感覚自体は一般的にはそこまで異常なものではないため、症状の実際の例を聞けば「自分もそんなふうに感...
用語集

併存症

併存症(Comorbidity)とは、一人の個人が同時に複数の異なる病気や健康問題を抱えている状態を指します。特定の疾患や障害に対する診断がついている場合でも、他にもさまざまな健康上の問題が同時に存在することがあります。併存症は、疾患同士が...
用語集

失感情症

失感情症(Flat Affect)は、感情の表現が極端に乏しい状態を指します。これは通常、顔の表情や声の抑揚、身体のジェスチャーなどが著しく制約され、他者との感情的な交流が限定されている状態を指します。失感情症は精神疾患の一環として現れるこ...
用語集

トランス状態

トランス状態は、通常の意識状態から一時的に異なる意識状態へと移行することを指します。この状態では、個体がより深い集中や内省に入り、外部の刺激に対して鈍感になることがあります。トランス状態に入ることで、催眠療法や瞑想、宗教的な実践などが行われ...
用語集

解離性遁走

解離性遁走(Dissociative Fugue)は、解離性障害の一形態で、個体が自分の身分や日常生活の一部を忘れ、新たな環境に身を置くことを含む特徴的な行動を示す状態を指します。この状態では、本人が自分がどうしてその場所にいるのかを認識で...
用語集

解離性健忘

解離性健忘症状は、一定の期間にわたる記憶の損失や欠落を特徴とする解離性障害の一部です。これにより、個人は自分や他の人との重要な出来事や情報を思い出せなくなります。解離性健忘は、通常、急激なストレス、トラウマ、過度の心的圧力などが原因で発生す...
用語集

高プロラクチン血症

高プロラクチン血症とは、脳の下垂体から分泌されるホルモンであるプロラクチンの値が正常値よりも高い状態のことです。プロラクチンは、乳腺の発達や乳汁分泌を促すホルモンです。高プロラクチン血症になると、乳汁分泌や月経不順などの症状が現れることがあ...
用語集

過敏症

過敏症は感受性が亢進する状態を指し、通常は反応を示さない程度の弱い刺激に敏感に反応し、一定の症状を引き起こす状態を表します。この状態はアレルギーと同様の意味で使われることもあります。 こちらも参考に:心が疲れやすくて生きづらいHSP(Hi...
発達障害知的障害

毒親とは?種類と特徴。 毒親に育てられた人はどうなる?

誰にとっても、親は特別な存在です。ただし、彼らは必ずしも常に「愛される存在」または「尊敬される個人」ではありません。「毒親」と呼ばれることのある、いわゆる「悪い親」もいます。親と会うと、気持ちが落ち着かない… 親の何気ない一言で傷ついてしま...
発達障害知的障害

心が疲れやすくて生きづらいHSP(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソンについて

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)は、感受性が高く、環境刺激に敏感に反応する人々を指します。情報処理が深く、感情や環境変化に強く影響を受ける特性があります。共感力が高く、細部に気づき、洞察力が鋭いです。刺激による過負荷を感じやすく、...