中枢神経刺激薬

中枢神経抑制薬は、鎮静剤、精神安定剤、睡眠導入剤などを含む薬剤の総称です。これらの薬剤は一般的に、脳の活動を抑制し、不安やパニック障害、急性ストレス反応、睡眠障害などの治療に効果的です。中枢神経抑制薬は通常、眠気を引き起こします。

こちらも参考に:うつ病で現れる初期症状・行動・対策や仕事復帰を目指すときのポイント

こちらも参考に:障害者雇用の助成金。種類と内容について解説

中枢神経刺激薬のよくある質問

Q
ADHDにリタリンはなぜ禁止されたのですか?
A

依存症を引き起こした事件が社会問題となり、その影響でリタリンはADHDの治療には使用できなくなりました。現在はナルコレプシーの治療にのみ使用が許可されています。リタリンは効果がありながらも依存性が高く、その効果が顕著であるため、適切な判断なしに処方されることが問題となりました。

こちらも参考に:ADHDの顔つき、行動の特徴。見た目では分からない困りごとなどなどを解説

こちらも参考に:発達障害の方に向いている仕事(一般雇用・障害者雇用)|活用できる支援機関をご紹介

Q
なんでADHDになるのか?
A

ADHDの発症原因は現在もっともらしくは解明されておらず、これまでの研究では、生まれつき前頭葉の機能が弱いことが関与している可能性があります。生まれつきの特性に由来するものであるため、育て方がADHDの発症に直接影響することはないとされています。したがって、「自分の育て方が悪かったのでは」といった心配を過度にする必要はありません。

こちらも参考に:労働審判の手続きの流れや費用・注意点。申し立てるべきケースと解決金の相場

こちらも参考に:雇用保険の失業手当(失業保険)の受給条件。計算方法・受給期間・金額など

コメント

タイトルとURLをコピーしました