幻覚

実際にはない刺激を知覚することを指し、幻覚は錯覚とは区別されます。 幻覚の種類には幻聴、幻視、幻味、幻臭、体感幻覚などがあります。 これらの幻覚は、統合失調症、アルコール依存症、薬物依存症、器質性精神病、心因反応、躁うつ病などの様々な状況で見られますが、統合失調症では特に多く見られる症状です。

こちらも参考に:精神障害者雇用にまつわる誤解 | 就業上の配慮と雇用時のポイント

こちらも参考に:てんかんについて | てんかんとは

 

幻覚のよくある質問

Q
幻覚 なんの障害?
A

認知症以外の原因による幻覚症状は、統合失調症やうつ病などの精神疾患でよく見られます。 その他にも、過眠症やナルコレプシーなどの睡眠障害、肝性脳症や単純ヘルペス脳炎などの意識障害を引き起こす疾患でも幻覚症状が発生します。 さらに、アルコールの過剰摂取や薬の副作用によっても幻覚症状が引き起こされることがあります。

こちらも参考に:障害年金申請は「診断書」が9割!押さえるべき3つの注意点と流れ

参考:障害手当金とは?

Q
幻聴と幻視の違いは何ですか?
A

見えないものが見える症状を幻視と呼びます。また、聞こえない音や声が聞こえる症状は幻聴と呼ばれます。これらの症状を包括して幻覚と表現されます。

参考:障害者総合支援法とは?

参考:人格変化とは?

タイトルとURLをコピーしました