中枢神経刺激薬

中枢神経刺激薬(Central Nervous System Stimulants)は、脳や脊髄の中枢神経系に刺激を与え、その活動を増強させる薬物の総称です。これらの薬物は神経伝達物質の放出を増やしたり、再取り込みを阻害したりすることで、注意力、興奮、覚醒などの中枢神経系の機能を一時的に向上させる働きがあります。

主に注意欠如多動性障害(ADHD)やナルコレプシーなどの神経学的な障害の治療に使用されます。ADHDの治療においては、中枢神経刺激薬が一般的に処方されます。代表的な中枢神経刺激薬には、メチルフェニデート(リタリン、コンサータ)やアンフェタミン系薬物(アデラール)などがあります。

これらの薬物は、神経伝達物質であるドパミンやノルアドレナリンの量を増やすことで、注意や覚醒を改善し、多動性や衝動性を抑制する効果が期待されます。ただし、中枢神経刺激薬には副作用や依存性のリスクも存在し、正確な診断と適切な処方が必要です。患者は医師の指導のもとでこれらの薬物を使用すべきです。

こちらも参考に:パーソナリティ障害(人格障害)の特徴、種類、診断、治療について

こちらも参考に:ADHDの顔つき、行動の特徴。見た目では分からない困りごとなどなどを解説

中枢神経刺激薬のよくある質問

Q
中枢神経作用薬の特徴は?
A

多くの中枢神経抑制薬は、脳内神経系伝達物質であるγ-アミノ酪酸(GABA)の活動を増強することによって作用します。この作用により、眠気や鎮静作用が引き起こされ、これらの薬物が不安症状や睡眠障害に対して効果を発揮するとされています。

こちらも参考に:コンサータ(メチルフェニデート) ADHD(注意欠如・多動症)の薬について

こちらも参考に:心理カウンセリングとは?内容や種類、効果、料金などを紹介

Q
中枢神経とは何ですか?
A

中枢神経系は、神経系の領域で多数の神経細胞がまとまっている部分であり、脳と脊髄から構成されています。脳は大脳、小脳、脳幹の3つに大別され、ヒトでは特に大脳が進化しており、思考、知覚、言語、記憶などの重要な機能を担っています。

こちらも参考に:オランザピン(ジプレキサ)の効果と副作用

こちらも参考に:うつ病で現れる初期症状・行動・対策や仕事復帰を目指すときのポイント

コメント

タイトルとURLをコピーしました