読字障害(ディスレクシア)

読字障害は、1つの単語を識別したり、単語内の構成要素(音素)を識別したりすることが難しいという特殊な読みの障害を指します。読字障害がある小児は、話し始めるのが遅かったり、発音がはっきりしなかったりすることがあります。

こちらも参考に:発達障害の方に向いている仕事(一般雇用・障害者雇用)|活用できる支援機関をご紹介  

こちらも参考に:特別児童扶養手当について

読字障害(ディスレクシア)のよくある質問

Q
読字障害の症状は?
A

ディスレクシアの主な症状は、個人による差異がありますが、大まかに2つのタイプに分類されます。1つは「文字の読み方がわからない」タイプであり、もう1つは「文字の形がわからない」タイプです。これにはそれぞれ音韻処理不全や視覚情報処理不全といった要素が関連しています。

こちらも参考に:障害福祉サービス受給者証について【障害福祉サービス】種類、申請から利用までの流れ

参考:発達障害グレーゾーンとは?

Q
読書障害の特徴は?
A

読字障害のある人は、視覚や聴覚には異常がないにもかかわらず、文字を読み取ることや文字を思い起こして書くことが難しくなることがあります。文字が歪んで感じられたり、かすんで見えたり、上下さかさに見えたりする特徴があります。これらの現象は個人によって異なり、認知の仕方が様々です。

参考:個別支援計画(ISP)とは?

参考:きょうだい児とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました