• 用語集
  • 書字障害(ディスグラフィア)

書字障害(ディスグラフィア)

「書字障害」または「ディスグラフィア(dysgraphia)」は、文字を書く能力に困難がある学習障害を指します。「文字が書けない」、「書かれた文字を読み取れない」といった特徴があります。文字が読めるのにもかかわらず、書くことができない場合も書字障害に分類されます。

書字障害の人は、自分では文字を正確に書いているつもりでも、実際には鏡文字になってしまうなど、文字を書くという動作が苦手です。この障害の原因としては、脳が身体に指示を出して手を動かすという伝達機能がうまくいかない可能性があります。そのため、文字が書けなかったり、文字を書く速度が遅くなってしまうのです。

こちらも参考に:毒親とは?種類と特徴。 毒親に育てられた人はどうなる?

こちらも参考に:令和5年度「障害者雇用納付金制度」とは?雇用調整金や助成金の種類

書字障害(ディスグラフィア)のよくある質問

Q
ディスグラフィアの直し方は?
A

「靴を右足から履いてみよう」「コップを左手で取ってみよう」といった積極的な声かけを通して、左右の定着を図りましょう。同時に、薄く書かれた見本をなぞることも効果的な対策の一つとなります。なお、鏡文字は必ずしもディスグラフィアのような学習障害の症状を表しているわけではありません。

こちらも参考に:離人感・現実感消失症について

参考:読字障害(ディスレクシア)とは?

Q
ディスレクシアの有名人は?
A

映画俳優のトム・クルーズや現アメリカ大統領ジョージ・W・ブッシュ、その弟のニール・マローン・ブッシュなど、有名人にはディスレクシアの症状があるとされる人々がいます。また、ノーベル物理学賞受賞者アルベルト・アインシュタインもディスレクシアであったという説があります。

参考:失感情症とは?

参考:心理学的検査とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました