特定求職者

雇用保険の失業等給付を受給できない求職者の方であり、かつハローワーク所長が職業訓練の受講やその他の就職支援が必要であると認定した方です。

こちらも参考に:社会不適合者とは?特徴・生き方・向いている仕事について

こちらも参考に:発達障害と障害者手帳 取得できる条件や手帳の種類や申請手順について解説

 

特定求職者のよくある質問

Q
特定理由離職者になれるかどうか?
A

「特定理由離職者」の認定は、自分で決定することはできません。求職の際に、ハローワークの担当者が個々の状況や事情についてヒアリングを行い、正当な理由と認められる実情が存在し、それを裏付ける公的な書類などで確認して判断されます。

こちらも参考に:発達障害者支援法とは ?基礎と2016年の一部改正について

参考:健康保険組合とは?

Q
特定理由離職者はいくらもらえる?
A

※特定理由離職者に関しては、被保険者期間が6か月(離職前の1年間も含む)以上あれば、基本手当の受給資格を得ることができます。 ※基本手当の日額は、賃金の日額のおおよそ50~80%(60歳~64歳の場合は45~80%)であり、賃金が低い方ほど高い率となります。 詳細については、お近くのハローワークにお問い合わせください。

参考:地域若者サポートステーション(サポステ)とは?

参考:障害者就業・生活支援センターとは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました