ハンチントン病

ハンチントン病は、進行性の神経疾患であり、自分の意志に反して手足や顔面をピクつかせたり動かしてしまう舞踏運動、認知機能障害、精神症状(幻覚、妄想、抑うつなど)を引き起こす遺伝性の疾患です。この病気は常染色体優性遺伝を特徴とし、性別に関係なく遺伝子異常が子孫に50%の確率で伝わります。

こちらも参考に:特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)の詳細と申請方法

こちらも参考に:てんかんについて | てんかんとは

 

ハンチントン病のよくある質問

Q
ハンチントン病の生存率は?
A

ハンチントン舞踏病は、英語でHuntington’s Choreaと呼ばれ、発症からほぼ10年以内に死亡することが一般的です。この疾患では、入院が必要な場合は稀であり、原則的には入院の必要はありません。就労に関しては、一部の業務制限がありますが、基本的には可能です。また、病気の進行とともに言語障害が発生することがあります。

こちらも参考に:【2023年最新】サービス管理責任者(サビ管)とは?資格の取り方、仕事内容・働く場所・給与を解説

参考:精神運動興奮とは?

Q
ハンチントン病は治せますか?
A

現時点では、ハンチントン病の進行を完全に抑制したり、完治させる治療法は存在しません。しかし、運動症状や精神症状の緩和には、内服薬が効果を示す場合があります。特に舞踏運動のみが観察される場合、脳深部刺激療法と呼ばれる治療法が検討されることがあります。この治療法では、電極を脳に挿入し、電気刺激を行うことで症状の緩和を試みます。

参考:慢性期とは?

参考:側頭葉てんかんとは?

タイトルとURLをコピーしました