器質性障害

器質的疾患とは、臓器自体に炎症や癌などの異常が見られ、その結果として様々な症状が現れる疾患や病態を指します。つまり、臓器そのものに異常があり、それによって症状が引き起こされるため、検査を行うと必ず異常が見つかります。一方、機能性疾患は、臓器に異常がないにもかかわらず、自覚症状だけが存在する病態を指します。

 

こちらも参考に:心理カウンセリングとは?内容や種類、効果、料金などを紹介

こちらも参考に:オランザピン(ジプレキサ)の効果と副作用

参考:情緒障害とは?

器質性障害のよくある質問

Q
器質性パーソナリティ障害とはどういう障害ですか?
A

猜疑的または妄想様観念化、あるいは単一で通常は抽象的な主題(例えば宗教、または「善」と「悪」など)への過剰な没頭の形式をとる認知障害を指します。この状態では、言語表出の速さや流れに著しい変化が見られ、迂遠で過度に詳細、粘着性があり、また極度に具体的な表現が特徴的です。

こちらも参考に:休職期間満了による退職は解雇?それとも自己都合退職?注意点も解説

こちらも参考に:ミルタザピン(リフレックス・レメロン)の効果と副作用

参考:摂食障害とは?

Q
器質性精神疾患の症状は?
A

症状は障害された部位によってさまざまで多岐にわたります。認知機能の低下、記憶障害、人格の変化、幻覚や妄想、感情の乱れ、不安、身体症状、情緒の不安定性など、様々な症状が見られます。

こちらも参考に:双極性障害(躁うつ病)の方への接し方で大切な事と悩んだ際の対処法

こちらも参考に:ADHDの顔つき、行動の特徴。見た目では分からない困りごとなどなどを解説

参考:心身症とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました