生活困窮者

生活困窮者の定義は「就労の状況、心身の状況、地域社会との関係性その他の事情により、現に経済的に困窮し、最低限度の生活を維持することができなくなるおそれのある者」です。 簡略すると「仕事や家庭などのさまざまな理由で、経済的・社会的に自立して生活することが困難な人」を指します。

こちらも参考に:障害年金申請は「診断書」が9割!押さえるべき3つの注意点と流れ

こちらも参考に:就労継続支援A型とは?仕事内容と平均給料 | 利用までの流れ、B型との違いなど解説

生活困窮者のよくある質問

Q
生活困窮者の具体例は?
A

生活困窮者は、働きたくても仕事が見つからない人や家族の介護のために仕事ができない人、再就職に失敗して雇用保険が終了した人、また社会への適応が難しくなった人など、さまざまな理由で生活に苦しんでいる人々を指します。

こちらも参考に:大人の「自閉スペクトラム症(ASD)」とは?特徴やセルフチェックなど

参考:神経発達症(発達障害)とは?

Q
生活困窮者支援にはどんな種類がありますか?
A

この支援プランには、居住確保支援、就労支援、緊急な支援、家計再建支援、子ども・若者支援などが提供されます。たとえば、就職活動をサポートするために住居が必要な人には、住居確保給付金が期間限定で支給されます。

参考:障害等級とは?

参考:労務不能期間とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました