• 用語集
  • 反社会性パーソナリティ障害(Antisocial Personality Disorder、ASPD)

反社会性パーソナリティ障害(Antisocial Personality Disorder、ASPD)

反社会性パーソナリティ障害(Antisocial Personality Disorder、ASPD)は、個人の行動や対人関係において持続的なパターンが見られ、他者の権利を無視し、倫理的・法的な規範に適応できない症状が特徴的な精神障害です。

ASPDの特徴には以下のようなものがあります:

  1. 他者の権利の無視: 社会的な規範や法的なルールを無視し、他者の権利を尊重しない傾向があります。
  2. 嘘や欺瞞: 詐欺や嘘をつくことが頻繁に見られ、他者を欺こうとすることがあります。
  3. 対人関係の不安定さ: 不安定な対人関係が見られ、異常な攻撃性や攻撃的な行動が起こりやすいです。
  4. 責任の回避: 自分の行動に責任を持とうとせず、他人や状況のせいにすることがあります。
  5. 衝動性: 衝動的で計画性がなく、長期的な目標や後悔を考えずに行動することがあります。
  6. 効果的な対人関係の欠如: 健康で持続的な対人関係を築くことが難しく、他者とのつながりが浅いことがあります。

ASPDは成人期に診断され、症状が持続的である必要があります。この障害を持つ人々はしばしば法的な問題や社会的なトラブルに巻き込まれることがあり、治療が難しいとされています。

こちらも参考に:リワークプログラム・リワーク支援(心療内科・精神科)とは | メンタルヘルス不調により休職している方の職場復帰

こちらも参考に:強度行動障害とは?原因や症状、対応や支援について

 

 

反社会性パーソナリティ障害よくある質問

Q
反社会的パーソナリティ障害の特徴は?
A

ASPDの症状と特徴

反社会性パーソナリティ障害(ASPD)の患者は、さまざまな行動や徴候を示すことがあります。

  1. 器物の破壊: 他者や法律に対する軽視を示す形として、物をわざと壊すことがあります。
  2. 他者への嫌がらせ: 嫌がらせや攻撃的な行動を通じて、他者に対して敵対的な態度を示すことがあります。
  3. 窃盗: 他人の財産を盗むことがあり、これは自らの欲望を満たす手段として利用されることがあります。
  4. 欺瞞と利用: 自分の欲望や目的を達成するために、人を欺き、利用し、言いくるめ、操作することがあります。
  5. 偽名の使用: 偽名を使うことがあり、自らの身元を隠すことで他者を欺くことがあります。

これらの行動パターンは、他者との健康な対人関係や法的な規範を守ることが難しいというASPDの特徴を示しています。治療が難しく、行動の変容が期待しづらいため、専門的なサポートやアプローチが必要です。

こちらも参考に:パーソナリティ障害(人格障害)の特徴、種類、診断、治療について

参考:破壊的行動障害(Disruptive Behavior Disorder, DBD)とは?

Q
反社会性人格障害とサイコパスの違いは何ですか?
A

サイコパスの概念と反社会性および非社会性パーソナリティ障害の概念の間には、決定的な違いがあります。前者では、衝動性や攻撃性などの問題行動に加え、共感性や罪悪感の欠如など、内面的な側面も重視して基準が設けられているのに対して、後者では、問題行動のみを評価対象としています。

参考:行動援護とは?

参考:バイスティックの7原則とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました