倦怠感

倦怠感とは、身体や精神的に「だるい」「疲れた」「疲れやすい」と感じる状態です。激しい運動や仕事の後でも倦怠感を感じることがありますが、十分な休養をとることによって回復することが多いです。年齢や個人の体質によって、回復の程度や速さは異なります。

こちらも参考に:失業保険の特定理由離職者(特定受給資格者)とは?給付日数、必要書類、診断書などを解説

こちらも参考に:メンタルケアの新手法、オープンダイアローグとは?役割や7つの原則

 

 

倦怠感のよくある質問

Q
体の倦怠感の原因は?
A

体のだるさは、働きすぎなどによる肉体疲労の蓄積、不規則な生活による睡眠不足や生活リズムの乱れ、ストレス、栄養バランスの乱れ、加齢、感染症などの急性疾患などが原因とされています。これらの要因が重なることで、倦怠感や身体のだるさが引き起こされることがあります。

こちらも参考に:炭酸リチウム(リーマス)の特徴・作用・副作用

参考:慢性期とは?

Q
疲労感と倦怠感の違いは何ですか?
A

倦怠感は、疲れを感じることを疲労感と呼び、疲労感が続くことを倦怠感と呼ぶことがあります。これらの言葉には医学的に厳密な定義は存在しませんが、一般的には疲労感が一時的な身体的な疲れを指し、倦怠感は疲労感が長期間続いている感覚や、身体的・精神的な活力の低下を指す傾向があります。また、強いだるさを倦怠感とも表現することがあります。

参考:認知機能とは?

参考:妄想とは?

タイトルとURLをコピーしました