妄想

妄想とは、一般的に他の人にとってはあり得ないと思われることに対して、個人が確信してしまう状態を指します。そのため、周囲の人がそれを否定しても、妄想を持つ人はそれを受け入れないことが一般的です。たとえば、自分に何か関係があると確信する「関係妄想」や、自分を陥れようとしていると考える「被害妄想」、または監視されていると感じる「注視妄想」など、さまざまな種類があります。

こちらも参考に:障害年金申請は「診断書」が9割!押さえるべき3つの注意点と流れ

こちらも参考に:「精神保健指定医」とは?役割と資格取得、やりがいについて解説

妄想のよくある質問

Q
精神障害の妄想とは?
A

誤った内容を明らかに信じ込み、周囲が訂正しようとしても受け入れない考えを持つことを指す。被害妄想では、自分が誰かに嫌がらせを受けていると信じ込むことがあり、また、関係妄想では、周囲の出来事が自分に直接関係しているように感じることがある。

こちらも参考に:離人感・現実感消失症について

参考:幻覚とは?

Q
妄想が起こる原因は何ですか?
A

妄想の原因は、生まれつきのストレスへの感受性や生活環境、日常のストレスなど、さまざまな要因が絡み合って発病するとされています。脳内物質のやりとりの調整がうまくいかなくなることが発病の一因と考えられています。このバランスを整えるために、適切な薬物治療を行うことで、症状の改善が期待できます。

参考:PTSDとは?

参考:認知機能とは?

タイトルとURLをコピーしました