• 用語集
  • 雇用保険被保険者離職証明書

雇用保険被保険者離職証明書

雇用保険被保険者離職証明書とは、雇用保険の被保険者が退職した際に、事業主から発行される書類です。この書類には、離職した日、離職理由、離職した日の賃金などの情報が記載されています。

雇用保険被保険者離職証明書は、失業保険の受給手続きに必要な書類です。失業保険を受給するためには、ハローワークに雇用保険被保険者離職証明書を提出する必要があります。

雇用保険被保険者離職証明書は、離職後10日以内に、事業主から本人に交付されます。もし、10日を過ぎても交付されない場合や、離職理由や離職した日の賃金などの記載内容に誤りがある場合は、事業主に交付または訂正を依頼してください。

雇用保険被保険者離職証明書には、次の情報が記載されています。

  • 離職した日
  • 離職理由
  • 離職した日の賃金
  • 離職した日の社会保険の加入状況
  • 離職した日の雇用保険の加入状況

雇用保険被保険者離職証明書は、失業保険の受給手続きに必要な書類です。提出が遅れた場合は、失業保険の受給が遅れる場合があるため、注意が必要です

参考:最低賃金額とは?
こちらも参考に:所得があると障害年金は減額されるの?

雇用保険被保険者離職証明書の概要

1. 定義

雇用保険被保険者離職証明書(以下「離職証明書」という)は、雇用保険の被保険者が退職した際に、事業主から発行される書類です。離職日、離職理由、離職時の賃金、社会保険・雇用保険の加入状況などが記載されており、失業保険の受給手続きに必要となる重要な書類です。

2. 発行

  • 離職後10日以内に、事業主から本人に交付されます。
  • 離職証明書は3枚綴りで、1枚目は事業主控え、2枚目はハローワーク提出用、3枚目は退職者控えとなります。

3. 記載事項

  • 離職日
  • 離職理由
  • 離職時の賃金
  • 離職時の社会保険の加入状況
  • 離職時の雇用保険の加入状況
  • その他(事業主が必要と判断した事項)

4. 提出方法

  • 離職証明書は、離職後7日以内に、お住まいのハローワークへ提出する必要があります。
  • 提出方法は、ハローワークによって異なる場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

5. よくある質問

Q. 10日を過ぎても離職証明書が交付されない場合はどうすればいいですか?

A. 事業主に交付を依頼してください。それでも交付されない場合は、最寄りのハローワークに相談することができます。

Q. 離職理由や賃金の記載内容に誤りがある場合はどうすればいいですか?

A. 事業主に訂正を依頼してください。

Q. 離職証明書を紛失してしまった場合はどうすればいいですか?

A. 事業主に再発行を依頼してください。再発行には、手数料がかかる場合があります。

6. 関連情報

 

その他

  • 離職証明書は、失業保険の受給手続きに必要不可欠な書類です。
  • 離職後速やかに手続きを進めるためにも、離職証明書は早めに取得しておきましょう。
  • 離職証明書に関する疑問点は、事業主やハローワークに相談してください。

雇用保険被保険者離職証明書のよくある質問

Q
雇用保険被保険者離職証明書 どこでもらえる?
A

離職票を発行する際は、会社が離職証明書に必要な情報を記入し、退職する従業員に署名・捺印を取得します。 離職証明書は所轄のハローワークで入手可能であり、場合によっては郵送で取り寄せることもできます。 具体的な記載項目については後述します。

こちらも参考に:労働審判の手続きの流れや費用・注意点。申し立てるべきケースと解決金の相場

こちらも参考に:過剰適応とは? 原因、対策、治し方、うつなどの症状、職場「がんばれば、何とかできる」に要注意!

 

Q
離職証明書がもらえないのですがどうしたらいいですか?
A

離職票が発行されない場合、まずは退職した会社に問い合わせ、その後、ハローワークに相談すると良いでしょう。 離職票の交付は法律によって定められた手続きであるため、ハローワークに相談することで速やかに解決する可能性が高まります。

こちらも参考に:心理カウンセリングとは?内容や種類、効果、料金などを紹介

参考:労働基準法とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました