多因子疾患

多数の遺伝子が相互作用し、さらに生活習慣などの環境要因が加わって引き起こる病気を指します。個々の遺伝子の影響はそれぞれに大きくはありません。高血圧や糖尿病、一般的ながんなど、生活習慣病として知られる疾患がその代表例ですが、実際に私たちが経験するほとんどの疾患には、遺伝的な要素が関与していることが知られています。

こちらも参考に:特別児童扶養手当について

こちらも参考に:障害福祉サービス受給者証について【障害福祉サービス】種類、申請から利用までの流れ

 

多因子疾患のよくある質問

Q
多因子性疾患の例は?
A

多因子性疾患は、環境要因と遺伝的要因が組み合わさって発症する疾患です。糖尿病、高血圧、リウマチ、痛風、高脂血症、悪性腫瘍など、一般的に見られる多くの疾患がこれに該当します。

こちらも参考に:国民健康保険料の免除について

参考:環境調整とは?

Q
単因子疾患とは何ですか?
A

単一遺伝子に生じた突然変異によって引き起こされる遺伝的疾患を指します。この遺伝様式はメンデルの法則に従うため、単一遺伝子疾患はメンデル性疾患とも呼ばれます。常染色体優性遺伝病、常染色体劣性遺伝病、X連鎖性遺伝病などに分類されます。

参考:障害福祉サービス受給者証とは?

参考:第1選択薬とは?

タイトルとURLをコピーしました