老人扶養親族

老人扶養親族とは、老人の扶養に必要な者として法律で指定された親族のことを指します。老人扶養親族には以下の者が含まれます。

  1. 子供(直系尊属): 父母、祖父母、曾祖父母
  2. 配偶者: 老人の配偶者

老人がこれらの親族に扶養されることが法律的に認められており、老人の生計が親族によって支えられている場合、老人扶養控除の対象となります。老人扶養控除は、老人がこれらの扶養親族に経済的に依存している場合に、親族が収入を一定範囲内におさえている場合に適用される控除制度です。

こちらも参考に:雇用保険の失業手当(失業保険)の受給条件。計算方法・受給期間・金額など

こちらも参考に:ピアサポート・ピアサポーターとは?活動や目的、分野について

老人扶養親族の概要

はじめに

本用語集は、老人扶養家族制度に関する基本的な情報を網羅することを目的としています。老人扶養親族とは、老人の扶養に必要な者として法律で指定された親族を指します。老人扶養親族には、以下の者が含まれます。

  • 直系尊属: 父母、祖父母、曾祖父母
  • 配偶者: 老人の配偶者

老人扶養親族制度は、老人の生活を経済的に支える親族を支援することを目的としています。具体的には、老人扶養控除という税制上の優遇措置を受けることができます。

1. 老人扶養親族の要件

老人扶養親族になるためには、以下の要件を満たす必要があります。

  • 70歳以上であること
  • 所得が一定額以下であること
  • 扶養義務者がいること
  •  

2. 老人扶養親族の範囲

老人扶養親族は以下の者が含まれます。

  • 直系尊属:父母、祖父母、曾祖父母
  • 配偶者
  • 兄弟姉妹: 上記の用語集には記載されていませんが、 一定の条件を満たす兄弟姉妹 も老人扶養親族に含まれます。
    • 条件:
      • 60歳以上であること
      • 所得が一定額以下であること
      • 他の扶養義務者がいないこと
      • 介護が必要な状態であること

3. 老人扶養控除

老人扶養親族がいる場合は、老人扶養控除を受けることができます。老人扶養控除は、老人扶養親族の扶養に必要な経費を考慮した控除制度です。控除額は、以下の通りです。

  • 扶養控除額の種類: 上記の用語集では基本控除額のみ記載されていますが、 老人扶養親族がいる場合に加算される控除額 が2種類あります。
    • 同居老親等加算控除: 同居している老人扶養親族がいる場合に加算される控除額です。控除額は10万円です。
    • 特定扶養親族控除: 介護が必要な状態にある老人扶養親族がいる場合に加算される控除額です。控除額は38万円です。
  • 所得制限: 上記の用語集では所得制限についてのみ記載されていますが、 老人扶養控除を受けるためには、扶養義務者の所得も一定額以下である必要があります。
    • 扶養義務者の所得制限額: 38万円 + 控除対象扶養親族の人数 x 10万円

 

4. 老人扶養親族の扶養義務

老人扶養親族がいる扶養義務者は、老人の生活を経済的に援助する義務があります。具体的には、以下のことが求められます。

  • 衣食住の提供
  • 医療費の支払い
  • 介護費の支払い

5. 老人扶養親族に関するその他

  • 老人扶養親族は、1人である必要はありません。
  • 老人扶養親族は、同居している必要はありません
  • 老人扶養親族は、所得が一定額以下であれば、年金を受け取っていても扶養家族になることができます。

 

用語説明
老人扶養親族老人の扶養に必要な者として法律で指定された親族のこと
直系尊属父母、祖父母、曾祖父母
配偶者老人の配偶者
老人扶養控除老人扶養親族の扶養に必要な経費を考慮した控除制度
基本控除額38万円
同居老親等加算控除10万円(同居している場合)
扶養義務老人扶養親族がいる扶養義務者が、老人の生活を経済的に援助する義務
生計を共にする日常生活を共にしていること
扶養可能範囲扶養控除の適用を受けられる所得の範囲
扶養申告扶養控除を受けるために提出する申告書

参考情報

制度概要

手続き・制度利用

その他

上記以外にも、多くの情報源があります。

  • インターネットで検索
    • 検索エンジンで「老人扶養親族」と検索すると、様々な情報サイトが表示されます。
  • 市区町村の窓口に相談
    • 老人扶養親族に関する制度や手続きについて、市区町村の窓口で相談することができます。
  • 社会福祉協議会に相談
    • 社会福祉協議会では、介護保険に関する相談や、介護サービスの利用支援などを行っています。

 

老人扶養家族のよくある質問

Q
老人の控除対象扶養親族は?
A

老人扶養親族に関する制度についてです。70歳以上の親族が老人扶養親族に該当する場合、通常の扶養控除額38万円に「老人扶養控除」が加算されます。このため、老人扶養親族が対象となると、10万円が追加されて48万円となります。さらに、同居を常としている場合、「同居老親等」に該当すれば、追加で10万円が控除金額に加算され、最終的な控除金額は58万円となります。

こちらも参考に:年金証書の再発行・再交付。必要な書類と手続き

参考:精神科訪問看護(MHSW : 旧PWS)でできることは?サポート内容や具体的な事例をご紹介!

Q
年金をもらっていても扶養家族になれますか?
A

年金を受け取りながら子どもの扶養に入ることは可能です。ただし、扶養には「税法上の扶養」と「健康保険上の扶養」の2つの種類が存在します。子どもの扶養に入る前に、これら2つの扶養についての概要と加入要件を確認しておくことが重要です。

参考:老人控除対象配偶者とは?

参考:療養介護とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました